記事アイキャッチ

特集|過去最多600社が出展、食品開発展2023の見所は【シェアシマ会員ブース紹介も】

食品の研究開発、品質保証、製造技術などをテーマにした「食品開発展2023」は10月4日(水)〜6日(金)、東京ビッグサイト西展示棟で開催されます。1990年に始まり順調に規模拡大してきました。コロナ禍を乗り越えて、今年は600社以上(共同出展を含む)が出展し、ブース総数は940小間に上るといいます。食品開発担当者にとって外せない同展示会について、主催するインフォーマ マーケッツ ジャパン(東京)に今回の見所を聞きました。シェアシマ会員企業の出展情報もお伝えします。(シェアシマinfo編集部)

シェアシマに原料登録がある出展企業一覧はこちら

コロナ禍を経て、過去最大規模に


今年で34回目を迎える食品開発展ですが、今回はコロナからの「完全復活」を印象付ける、活況が予想されます。

主催者によると、人の動きが止まった異例のコロナ禍では、出展社は例年の7〜8割にまで落ち込んだそうです。感染拡大のピークと重ならなかったため開催中止は免れましたが、やはり自粛ムードが強く、「2020年が最もダメージが大きかった」(担当者)とのこと。

経済活動が正常化した今年は一転して、コロナ禍以前を上回るペースで出展申し込みがあり、当初予定していた西1・2ホールは一杯に。急遽、西4ホールを追加で確保し、過去最大規模での開催に向け、準備は大詰めを迎えているといいます。

海外からも90社が出展、アジアの窓口として

コロナ禍では大きく制約されていた、海外からの出展も今年の見所です。海外の出展は90社ほどに上り、この数字も「過去最大級」(同)。アジアへの情報発信の窓口として、海外企業に出展先として選ばれており、今年はカナダパビリオンも開設予定ということです。

多彩な機能性表示食品素材、プラントベースフードも見所

展示会には多彩な機能性表示対応素材が一堂に会します。また、話題のプラントベースフード開発のための素材も集まります。今年新設された西4ホールには、SDGsゾーンができ、アップサイクル素材やSDGs対応包材などが出展されます。

展示会場はテーマ別で、以下の4つの領域でゾーン分けされています。

ヘルスイングリディエンツジャパン(Hi Japan)

食品、飲料、菓子サプリメントなどに利用される新素材、注目素材が国内外から集まります。プラントベースフード開発コーナー新食料資源コーナーが注目です。

フード・テイストジャパン(FiT Japan)

新しい味、香り、テクスチャー、色などおいしさのための技術を提案します。発酵素材パビリオンもこちら。

セーフティ&テクノロジージャパン(S-tec Japan)

食品の安全と高品質を確保するため、食品企業の抱える技術課題に応えます。異物対策コーナー安全品質確保のためのDX化&AI技術コーナーを設ける予定です。

フードロングライフジャパン(LLj Japan)

食品廃棄を減らすためロングライフ化技術が集結し、食品の製販の提案を行います。

注目ポイントはココ!

この中で、出展社の層が最も厚い「ボリュームゾーン」が、ヘルスイングリディエンツジャパン(Hi Japan) です。機能性表示食品向けをはじめとし、プラントベースフード、フェムケアといった近年関心の高い分野の出展ブースが集まっています。

併せて、期間中に開催される出展社プレゼンテーション&記念セミナーの数は、400近くに上ります。昨年より会場を増やして13カ所で開催される予定で、ブースでは紹介しきれない密度の濃い情報がここから発信されます。

シェアシマ会員企業の紹介(10月25日更新)

シェアシマに原料登録されている企業様も、ブースでの試食やデモ、プレゼンを実施しました。
シェアシマに原料登録がある出展企業一覧

ポッカサッポロフード&ビバレッジ 株式会社


ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社(東京都)は、拡大するレモンの需要を食品メーカー向けの販売に展開しようと、業務用の原料を紹介しました。瀬戸内レモン、シチリアレモンと、産地別のストレート果汁を用意したほか、レモンパウダーやレモン果皮糖漬なども会場に陳列。機能性素材として、果汁だけでなく果皮への注目度が高まっていることから、原料ラインナップのバリエーションの豊富さもアピールしていました。
シェアシマでポッカサッポロフード&ビバレッジの原料商品を見る

日研フード 株式会社


日研フード株式会社(静岡県)は、静岡県産の温州みかんを粉末化した「青みかんエキス」を紹介しました。こちらは生育途中で廃棄されていた摘果みかんを活用したアップサイクル商品です。亜臨海水抽出という特殊な技術でエキスを抽出し、粉末化。青みかんドリンクとして機能性表示食品の届出が受理されていて、花粉やハウスダスト、ホコリなどによる鼻の不快感を軽減することが確認されています。
シェアシマで日研フードの原料商品を見る

CJジャパン 株式会社


発酵調味料「Taste Nrich®(テイスティエヌリッチ)」シリーズを展開している、CJジャパン株式会社(東京)は、植物性由来の粉末状の食品素材「VMEET RCK」を展示。本物のローストチキンを思わせる奥深い旨みが感じられる商品で、ミートレスでチキンブイヨンの味を再現するアプリケーション例を紹介していました。本商品は、ヴィーガン、ハラル、コーシャにも対応しています。
シェアシマでCJ ジャパンの原料商品を見る

扶桑化学工業 株式会社


扶桑化学工業株式会社(大阪市)は、第35回シェアシマ商品開発セミナー(※)でPRした「オキシナジー™」をはじめ、「果実酸総合メーカー」として豊富なラインナップを陳列。オキシナジー™は、飲食品に対して少量添加するだけで十分な効果を発揮する酸化防止剤です。さらには、米飯の褐変を抑える「ランチフレッシュ™R」と併せ、食品ロス削減や物量コスト削減に貢献できる側面もアピールしていました。
シェアシマで扶桑化学工業の原料商品を見る

※シェアシマ会員様は、こちらより、セミナーのアーカイブ動画をご覧いただけます。

執筆者プロフ
シェアシマ編集部

食品業界で働く人たちに向けて、展示会の取材や企業へのインタビュー記事を通して、食品開発・製造に関わる話題のトピックを発信しています。プラントベースフードに興味津々の国際薬膳師、累計記事執筆2,500以上の元新聞記者等々、30〜40代の編集メンバーを中心に運営中

x
facebook

おすすめ記事

記事サムネイル
セミナー・展示会

最新の食品原料・添加物が集結!「ifia / HFE JAPAN(国際食品素材/添加物展・ヘルスフードエキスポ)」が5月22日より開催

食品原料と添加物を取り扱う国内外の企業が一堂に会する展示会「ifia / HFE JAPAN(アイフィア・エイチ・エフ・イー・ジャパン)2024」が、5月22日(水)~5月24日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。食品開発の最新情報を発信する当展示会の見どころを、シェアシマinfoがひと足先にご紹介します。関連記事を読む:特集|ifia JAPAN 2024に出展する注目企業一覧「ifia JAPAN(アイフィア・ジャパン)」とは「ifia JAPAN」は食品素材の専門紙「食品化学新聞社」の主催による、食品原料と添加物に携わる企業・団体のブース展示やセミナーを中心とした展示会です。1996年の初開催以来、食品開発の技術交流やビジネスマッチングの場として、国内随一の規模と実績を重ねてきました。コロナ禍を経て29回目の実施となる今回は、前年度を超える約380社の出展が決定。開催期間中は約3万人の来場者が見込まれています。「食の安全・おいしさ」の最新事情を知る食の安全に対する消費者の目が、今までになく厳しくなっている現在。会場の「食の安全・科学エリア」では、食品の安全管理や品質確保を科学的にサポートする製品やサービスが集中的に展示されます。製造現場におけるオンライン測定や分析技術、消費者に品質を正確に伝えるデータ解析や数値化技術など、食の安全を支える日進月歩の技術に触れることができます。また「おいしさ探求エリア」では、味・香り・テクスチャー・外見など総合的な要素で構成される「おいしさ」を分析・数値化する関連資材を集めて紹介。減塩やカロリーカット、介護・高齢者食など、多様なニーズに沿った「食のおいしさ」を実現するヒントが得られます。機能性表示食品のパビリオンが初登場会場内では、健康・機能性食品に特化した「ヘルスフードエキスポ」、通称「HFE JAPAN(エイチ・エフ・イー・ジャパン)2024」も同時開催。一般食品の原料や添加物を対象とする「ifia JAPAN」に対し、「HFE JAPAN」には健康・機能性食品の原料やその加工技術、分析技術をもつ企業が集います。国内で唯一、機能性表示食品の専門展示コーナー今年で22回目を迎える「HFE JAPAN」には、「機能性表示食品開発パビリオン」が初登場。機能性表示食品の開発を目指すメーカーが抱える疑問や課題を解決する製品・サービスが集中的に展示される、国内唯一の専門展示コーナーです。数々のヒット商品が生まれる一方、広告規制などで流動的な要素も多い機能性表示食品の市場。「自社製品を機能性表示食品にするには?」「成分の含有量や配合は?」「臨床試験や届出の流れは?」など、気になる疑問を一挙に解決できる場がこのパビリオンです。機能性表示食品の制度や関連法の最新動向、素材開発、品質・安全性の確保などをテーマにしたセミナーやシンポジウムが連日実施される他、関連団体による相談窓口も開設される予定です。同市場へ新規参入を目指すメーカーにとっても、有益な商談機会となります。食の最先端を知るセミナーも充実期間中に会場で企画される、多数のセミナーやセッションも見逃せません。主要なものとしては、初日の5月22日(水)に「第6回 日中韓食品添加物フォーラム」がコロナ禍以降で初再開され、国内外で進展する食品添加物の規格基準が3カ国間で共有されます。5月23日(木)、24日(金)には日本食品化学学会の30周年総会・学術大会が同時開催されます。会場内では学会主催の無料セミナーが行われ、研究の最先端に触れることができます。その他、「オートファジー」「減塩」「セルフケアフード」など、食品開発で注目される多様な話題をテーマとしたセミナーが連日開催されます(一部有料・要事前予約)。展示会場内のオープンスペースでは、出展社によるプレゼンテーションも無料開催されます。また十文字学園女子大学の食品開発学科とのコラボ企画として、出展社提供による素材を使用して学生チームが開発した「柚マシュマロ」「米粉クレープ」の試食配布も予定されています。食品開発を進めるうえで欠かせない「安全・健康・おいしさ」という3つの要素。その知見をより深め、最新情報に触れられる会場に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。◾️ 「ifia JAPAN 2024」及び「HFE JAPAN 2024」の詳細はこちらから:https://www.ifiajapan.com/※来場には事前登録が必要です。事前登録はこちらから:https://f-vr.jp/fcn/ifia/

記事サムネイル
セミナー・展示会

特集|ifia JAPAN 2024に出展する注目企業一覧

食品素材・添加物に特化した国内最大級の食の展示会「ifia JAPAN」。今年は、東京ビッグサイトにて5月22日(水)〜24日(金)の日程で開催されます。出展企業総数は約380社。特別企画として、食の安全確保と安心できる製品づくりを科学的にサポートする製品、サービス、関連機関を集めた「食の安全・科学エリア」や、おいしさの“数値化”をキーとした「おいしさ探求エリア」など、盛りだくさんの内容が予定されています。シェアシマに原料登録されている企業様も、ブースを構えておすすめの商品をアピールします!以下の出展社リストを参考に、会場までお越しください。関連の特集記事を読む:最新の食品原料・添加物が集結!「ifia / HFE JAPAN(国際食品素材/添加物展・ヘルスフードエキスポ)」が5月22日より開催ifia JAPAN 2024に出展する注目企業一覧

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付中】食の安全は素材から、注目の国産原料特集〜安心プラスアルファの魅力に迫る〜(5/8)

当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2024年5月8日(水)に予定しています、第44回のテーマは、「食の安全は素材から、注目の国産原料特集〜安心プラスアルファの魅力に迫る〜」です。原料の高騰と円安の影響を同時に受ける中、国産の食品原料へのニーズが高まっています。食品業界の内外から原料の安全性への注目が集まる今、安全・安心で信頼できる選りすぐりの商品をご紹介します。登壇企業の方々へ直接質問できるコーナーもございます。ぜひ、ご参加ください。開催概要テーマ:食の安全は素材から、注目の国産原料特集〜安心プラスアルファの魅力に迫る〜日時:2024年5月8日(水)13時30分~参加方法: オンライン(EventHub)定員:200名(先着順)参加料:無料お申込はこちら:https://shareshima.com/seminars/20240508※こちらでお申し込みを受け付けた後、メールにて参加URLをお送りします申込締切:2024年5月8日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介①「仕入先と連携!国産原料の調達と加工事例のご紹介」 京都グレインシステム株式会社(20分)当社は原料生産地の近くに工場拠点を設置し、生産者や農協様と連携した国産原料の調達、農産物の加工をおこなっています。国産原料が注目された背景や供給情報と合わせ、国産原料調達のポイントや、飲料や食品原料への加工・使用例についてご紹介します。②「ここまできた!!開発ならおさえておきたい最新植物工場の野菜原料」 株式会社ベジタブルテック(20分)詳細は随時更新いたします。3.その他次回のご案内など<15時15分終了予定>※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】商品の魅力をアップさせる製菓製パン原料〜美味しさを長持ちさせる素材~(3/27)

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2024年3月27日(水)に予定しています、第43回のテーマは、「商品の魅力をアップさせる製菓製パン原料〜美味しさを長持ちさせる素材~」です。製菓・製パン分野においては、季節やトレンドに合わせて数多くの商品が販売されています。また、最近では高騰する原材料への対応、食品ロス削減などの観点からも原材料の見直しや新規素材の探索が重要になっています。当セミナーでは、各社の特長ある商品を紹介することで、製菓・製パンの商品開発に貢献する情報を提供いたします。登壇企業の方々へ直接質問できるコーナーもございます。ぜひ、ご参加ください。開催概要テーマ:商品の魅力をアップさせる製菓製パン原料〜美味しさを長持ちさせる素材~日時:2024年3月27日(水)13時30分~参加方法: オンライン(EventHub)定員:200名(先着順)参加料:無料申込締切:2024年3月27日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介①「製パン分野における酵素利用~冷凍耐性付与・保形性改善・伸展性向上~」 長瀬産業株式会社(20分)酵素は食品加工における”縁の下の力持ち”!品質改良剤の核となる原料として、パンのボリュームアップ・食感や味のデザイン・日持ち向上等、多様化するお客様のニーズに貢献しています。今回はNAGASEの製パン用酵素について最新データを交えてご紹介します。②「パサつく生地を老化防止!理想の食感が長持ちする機能性油脂のご紹介」 ミヨシ油脂株式会社(20分)菓子のソフトさとしっとり感を持続させる酵素配合の機能性乳化油脂「パールインプラス」。パウンドケーキやスポンジケーキ、どらやきなどへの活用事例や、抹茶やココア生地などパサつきやすい生地への効果をご紹介します。③「製パン用酵素による、原料コスト削減とパン品質向上のご提案」 ノボザイムズジャパン株式会社パン製造において、酵素は生地処理性や品質を左右する原料です。さらに近年では、高騰する原料の代替として活用されています。今回は世界でニーズが高まっている新発売酵素とアプリケーションをご紹介します。ぜひ商品開発・コスト削減の提案にご検討下さい。3.その他次回のご案内など<15時終了予定>※システムの変更により、今回のセミナーから見え方が変更になります。※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【開催レポート】シェアシマ特別セミナー「食品企業のためのサステナブル経営入門」(1/30)

食品原料のWebプラットフォーム「シェアシマ」を運営するICS-net株式会社(長野市)は、日本の食品製造業の未来に焦点を当て、グローバルな視点での展望と対応策を探る特別セミナー「食品企業のためのサステナブル経営入門」を、1月30日に開催しました。本記事では、登壇者様の講演内容の一部をご紹介します。農林水産省から情報提供|「食品企業のためのサステナブル経営ガイダンス」とはまずはじめに、農林水産省の中世古昌史様より「食品企業のためのサステナブル経営に関するガイダンスについて」と題して、情報提供をいただきました。中世古様は、環境問題の深刻化やESG(※)課題への投資が拡大している中、「今こそ各企業はサステナブルな経営への対応が求められている」と述べました。気候変動の影響や環境問題への対処の必要性、ESG投資に関する詳しい内容の紹介があったほか、企業がサステナビリティに取り組む際の背景や動機、具体的な取り組み方についても説明がありました。データや事例を交えながら、参加者に対して「サステナビリティに対するより深い理解が求められる」と促しました。その上で、今後は、サステナビリティに関する取り組み自体が「企業の経営戦略において必要不可欠である」と強調していました。※ESGとは、Environment(環境)、Social(社会)、Governance(企業統治)の略で、これらを考慮した投資活動や経営・事業活動のこと日本の食品産業の未来像|食品業界におけるサステナビリティの可能性次に、サステナブル経営アドバイザーの足立直樹様(株式会社レスポンスアビリティ代表取締役)より、基調講演をいただきました。冒頭、足立様は「私たちの今の経済活動は地球に大きな負荷をかけており、このままのやり方を続けることはもはやできない」と、経済活動優先の現状に警鐘を鳴らしました。その上で、食品業界は特に「気候変動」「資源循環」「生物多様性」において、多大な影響を及ぼしていると指摘しました。具体的な事例として、パーム油のための大規模なアブラヤシのプランテーション開発が、森林破壊・森林火災・地球温暖化を引き起こす大きな要因になっていることを挙げました。ほかにも、ミツバチの世界的な減少が農作物の生産を苦境に追いやっていることについても言及。こうした課題が顕在化し、対策に積極的な企業が増えつつある一方で、認証原料の供給が追いつかずに逼迫している問題を取り上げました。こうした複合的な課題には、「企業と個人、そして国際的な協力が必要とされている」としました。異常気象や自然災害については、その影響で食品産業においても深刻な経済損失が起きつつあることを強調した上で、事業者も調達先に働きかける必要性を訴えました。その上で、温室効果ガスの排出について、肉生産が大きな原因になっていることを指摘し、「代替肉の活用を含む食品システムの変革が求められている」と述べました。最後に、日本の食品産業に向けて、「国際的なトレンドや変化に敏感であることが必要。輸出先や海外からの訪問者に選んでもらうためには、サステナビリティや環境への配慮、持続可能な原材料の確保が求められる」と指摘。今後は現行のビジネスモデルでは立ち行かなくなる可能性が高く、「サステナビリティへの取り組みや柔軟性が一層求められている」と言います。加えて、重要なこととして、「持続可能な経営には企業と顧客の共同作業が必要であり、顧客に対する働きかけ、意識強化が必要である」とも言及。「解決策は既にある。伝統的な知恵を守りつつも、それらを新しいアイディアと融合させることこそが不可欠であり、そうすることで食品産業を持続可能なビジネスにすることができる」と述べました。マクドナルドのサステナビリティ戦略|環境保護とビジネスの調和日本マクドナルド株式会社の牧陽子様からは、同社のサステナビリティへの取り組みが紹介されました。牧様は、マクドナルドでは、サステナビリティを「食」「環境」「社会」「人」の4つの柱で捉えていると説明しました。「環境」については、2050年までのネット・ゼロ・エミッションを目指し、店舗やオフィスでのCO2削減やサプライチェーンにおける改善を進めているそうです。例えば、再生エネルギー導入・省エネルギー対策、食品リサイクルの積極的推進など多岐にわたる取り組みを行っていて、併せてプラスチック削減も進行中ということです。牧様によると、同社では、2025年末までに、すべてのお客様提供用パッケージを再生可能な素材、リサイクル素材または認証された素材に変更することが計画され、すでに木製カトラリーや紙製ストロー、紙製サラダボックスの提供が始まっています。加えて、ドライブスルーではレジ袋の提供を抑制。食品ロス削減にも力を入れており、2023年における食品ロス率は2.3 %に止まったそうです。ほかにも、持続可能な食材の調達、地域貢献活動や人材育成などに力を入れていて、「おいしさとFeel-Goodなモーメントを、いつでもどこでもすべての人に」というミッションを達成するため、サステナビリティを追求していく意欲を示していました。当日は、190名を超える方々にお申し込みいただきました。講演後に寄せられた感想では、「行政の動き、社会課題やSDGsに関する豊富な事例紹介、大手企業の取組みと多彩な内容で貴重な学びを得られた。」「弊行でもSDGs推進に関する相談を受け対応する事例が出ているので参考にしたい。」「これまでサステナビリティの機運への高まりを感じていたが、自分事として捉え切れていなかったと再認識した。自分たちがこれからも生きていくためにも、大切な変革の時期だと感じた。」などの声が寄せられました。なお、今後もシェアシマでは「サステナブル経営」に関する継続的な情報発信をしてまいります。「食品企業のためのサステナブル経営」好評連載中足立直樹氏が、食品企業のサステナブル経営をいろいろな角度から解説する「食品企業のためのサステナブル経営」が、シェアシマinfoで好評連載中です。#食品企業のためのサステナブル経営のタグから、連載中のすべての記事をご覧いただけます。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】未経験から始める機能性表示食品の開発~開発のポイントとブランドの作り方~(3/13)

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2024年3月13日(水)に予定しています、第42回のテーマは、「未経験から始める機能性表示食品の開発~開発のポイントとブランドの作り方~」です。市場拡大が続く機能性表示食品は、受理件数の増加と新規企業の参入で競争が一層激化しています。一方で、景品表示法違反(優良誤認)による措置命令が出されるなど、新たな課題も浮かび上がっています。当セミナーでは、機能性表示食品制度に対応した商品開発やマーケティングをサポートされているAL-FOODS株式会社様、および、健康志向食品の価値を正しく消費者へ伝える手法の1つである「AskDoctors」との商品開発について医療機関、医師とのネットワーク国内トップを誇るエムスリー株式会社にご登壇いただき、商品開発ポイントからブランドの作り方までご紹介いただきます。機能性表示を取得したいが具体的になにをしたらいいのかわからないという方、製品や原料のマーケティングやブランディングについて学びたい方におすすめのセミナーです。登壇企業の方々へ直接質問できるコーナーもございます。ぜひ、ご参加ください。開催概要テーマ:未経験から始める機能性表示食品の開発~開発のポイントとブランドの作り方~日時:2024年3月13日(水)13時30分~参加方法: オンライン(EventHub)定員:200名(先着順)参加料:無料申込締切:2024年3月13日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介①「商品の価値を正しく消費者へ伝える“AskDoctors"(仮)」エムスリー株式会社(20分)コロナ禍をきっかけに、生活者の健康意識が高まり、ヘルスケア食品が増えています。ヘルスケア食品の買ってもらう為の戦略とマーケティング手法についてお話致します。②「機能性表示食品開発にお悩みのお客様のためのサポートサービス「キノサポ」のご提案」AL-FOODS株式会社(20分)AL-FOODS株式会社が手がける機能性表示食品の開発フルサポートサービス「キノサポ」のご提案。健康食品、一般食品で同制度の開発にお困りのお客さまのために、丸投げでおまかせいただけるサービスをご用意いたしました。サービス概要、対応範囲、事例についてご案内いたします。3.その他次回のご案内など<15時終了予定>※システムの変更により、今回のセミナーから見え方が変更になります。※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。