記事アイキャッチ

【受付終了】食品工場における殺菌・洗浄 および環境改善の最新情報:シェアシマ

<こちらのセミナーの受付は終了しました>

「シェアシマ」では、オンラインで「シェアシマ商品開発セミナー」(参加無料)を開催しています。2022年11月16日に開催する第26回セミナーは「食品工場における殺菌・洗浄および環境改善の最新情報」を扱います。食品工場での殺菌や洗浄など環境改善は最重要課題です。今回のセミナーでは電解水について新たに学び、衛生管理や環境改善についての最新の情報を食品業界に携わるプロフェッショナルな皆様にお伝えしていきます。

セミナー概要

テーマ: 食品工場における殺菌・洗浄 および環境改善の最新情報
開催日時:2022年11月16日(水)13時30分~
開催方法:ZOOM(ウェビナー)
参加費:無料(会員以外の方はシェアシマ会員の無料登録が必要です)

プログラム

【基調講演】

一般社団法人 日本電解水協会 石渡幸則氏
「電解水の正しい普及と新たな価値の創造」

【製品・サービス紹介】
①「食品製造加工における電解水の応用」(20分)
 ホシザキ株式会社

②ニッタ株式会社(20分)

③株式会社信州セラミックス(20分)

※暫定のプログラムになります。時間は目安ですので多少前後します。
※都合により変更になる場合がございますのでご了承ください。

x
facebook

おすすめ記事

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付中】健康と美味しさを両立する高齢者向け原料〜次の素材をお探しの方へ(6/26)

当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2024年6月26日(水)に予定しています、第46回のテーマは、「健康と美味しさを両立する高齢者向け原料〜次の素材をお探しの方へ」です。当セミナーでは、高齢者向けの食品開発に役立つ最新原料をご紹介します。液体より扱いやすい粉末油脂によるカロリーアップと食べやすい食品づくり、パラチノースによる血糖値管理、プラズマローゲンの健康維持効果について、データや応用例を交えて解説いただきます。登壇企業の方々へ直接質問できるコーナーもございます。ぜひ、ご参加ください。開催概要テーマ:健康と美味しさを両立する高齢者向け原料〜次の素材をお探しの方へ日時:2024年6月26日(水)13時30分~参加方法: オンライン(EventHub)定員:200名(先着順)参加料:無料申込方法:https://shareshima.com/seminars/20240626※こちらでお申し込みを受け付けた後、メールにて参加URLをお送りします。申込締切:2024年6月26日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介①「粉末油脂でカロリーアップと食べやすい食感を実現」 ミヨシ油脂株式会社(20分)高カロリーの高齢者食に油を配合する際、乳化剤の選定や高圧ホモなどの設備が必要ですが、ミヨシ油脂の粉末油脂であれば添加するだけで、乳化するための特別な製造設備は必要ありません。また高カロリーでありながら食べやすい物性の食品を作ることができます。さらに健康機能のあるオメガ3脂肪酸粉末油脂もご紹介します。②「低GI糖質パラチノースの高齢者向けの活用アイディア」 DM三井製糖株式会社(20分)消化吸収が緩やかであり低GIな糖質であるパラチノース。血管の健康維持、カロリーアップなど、高齢者の方向けに活用できるアイディアをデータとともに紹介します。③「認知機能改善素材『鶏ムネ肉プラズマローゲン』のご紹介」 丸大食品株式会社(20分)アルツハイマー病などの老化関連疾患には酸化ストレスが深く関係しています。プラズマローゲンは特殊な構造を持つリン脂質であり、生体内では酸化ストレスから細胞を守る防御因子として機能していることが知られています。脳の健康をケアする素材「鶏ムネ肉プラズマローゲン」の魅力を、酸化ストレス軽減効果やアミロイドβ蓄積抑制効果を通じてご紹介いたします。3.その他次回のご案内など<15時15分終了予定>※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】BPJPH新インドネシアハラル認証実務者研修のご案内(6/10)

<こちらの研修の受付は終了しました>当サイトで連載(「食品ハラルビジネス進化論~ハラル認証原料編」)いただいた、一般社団法人ハラル・ジャパン協会より、「BPJPH新インドネシアハラル認証実務者研修」のご案内です。当研修に、シェアシマを通じてお申し込みいただきますと、特別価格にて受講が可能です。この機会をお見逃しなく!ハラル・ジャパン協会とハラル インスティテュートが連携!!日本企業向けBPJPHハラル製品保証制度研修プロジェクトがスタートインドネシアのハラル認証(BPJPH)の傾向と需要の高まりを受けて、一般社団法人ハラルジャパン協会は、BPJPH ハラル認証に関する知識や支援を得ることが依然として困難な日本のビジネス関係者を支援するようになりました。一般社団法人ハラルジャパン協会は、インドネシアで最も評判が高く認定されたハラル研修機関、ハラルインスティテュート(Halal Institute)とコラボし、最新の基準を備えたハラル製品保証制度(SJPH)の実施に関する研修を開催します。開催概要テーマ:BPJPH新インドネシアハラル認証実務者研修日時:2024年6月10日(月)10時〜方法:オンライン(Zoom)参加費用:84,700円(税込)※銀行振込(前払い)シェアシマ会員特別価格!1社2名の参加なら、2人で100,000円(税込)(1人あたり50,000円)お申し込みの際、シェアシマ会員であることを備考欄にてお伝えください。講師:ハラル インスティテュート Achmad Fathoni Henti Kresdiana一般社団法人ハラル・ジャパン協会 Lina Setianingrum通訳:中居・高木※講師は変更となる場合がございます。定員:30人主催:一般社団法人ハラル・ジャパン協会ハラル・ジャパン協会からはBPJPHコンサルタントが参加します。ハラル製品保証制度のご紹介から、BPJPHハラル認証取得方法まで、まさに基礎から実務まで学ぶことができる研修プログラムです。インドネシアでは口にするモノ、肌に触れるモノ、身につけるモノまでハラル認証の対象と言われています。⻝品・健康食品、化粧品、化学品、医薬品、生活用品等のBtoC、BtoBメーカー、商社に携わる皆さまはもちろんのこと、インドネシアやハラルビジネスに少しでも関心のある方は、是非、ご参加ください。お問い合わせ当研修についての詳細・お問い合わせ先は、ハラル・ジャパン協会の公式サイトよりご確認くださいませ。https://jhba.jp/service/indonesia/training/関連記事:ハラルの基礎とイスラム教徒マーケット分析【食品ハラルビジネス進化論~ハラル認証原料編vol.1】

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】ifia / HFE 開催直前特別号|今年の見どころを主催者&出展企業が紹介(5/15)

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2024年5月15日(水)に予定しています、第45回のテーマは、「ifia開催直前特別号|今年の見どころを主催者&出展企業が紹介」です。食品原料と添加物を取り扱う企業が一堂に会する展示会「ifia / HFE JAPAN 2024」が5月22日から3日間の日程で、東京ビッグサイトで開催されます。食品開発の最新情報を発信する当展示会の見どころと注目の登壇企業をご紹介します。開催概要テーマ:ifia / HFE 開催直前特別号|今年の見どころを主催者&出展企業が紹介日時:2024年5月15日(水)13時30分~参加方法: オンライン(EventHub)定員:200名(先着順)参加料:無料申込締切:2024年5月15日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.基調講演「ifia/HFE JAPAN2024見どころ紹介」食品化学新聞社 健康食品事業部 次長 石川 透 氏3.登壇企業から発表愛媛製紙株式会社株式会社サビンサジャパンコーポレーションDM三井製糖株式会社宝酒造株式会社コンビ株式会社ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社株式会社カンブライト株式会社常磐植物化学研究所シェアシマ4.その他次回のご案内など15時20分終了(予定)※暫定のプログラムになります。時間は目安ですので多少前後します。都合により変更になる場合がございますのでご了承ください。

記事サムネイル
セミナー・展示会

最新の食品原料・添加物が集結!「ifia / HFE JAPAN(国際食品素材/添加物展・ヘルスフードエキスポ)」が5月22日より開催

食品原料と添加物を取り扱う国内外の企業が一堂に会する展示会「ifia / HFE JAPAN(アイフィア・エイチ・エフ・イー・ジャパン)2024」が、5月22日(水)~5月24日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。食品開発の最新情報を発信する当展示会の見どころを、シェアシマinfoがひと足先にご紹介します。関連記事を読む:特集|ifia JAPAN 2024に出展する注目企業一覧関連セミナー:ifia開催直前特別号|今年の見どころを主催者&出展企業が紹介(5/15)「ifia JAPAN(アイフィア・ジャパン)」とは「ifia JAPAN」は食品素材の専門紙「食品化学新聞社」の主催による、食品原料と添加物に携わる企業・団体のブース展示やセミナーを中心とした展示会です。1996年の初開催以来、食品開発の技術交流やビジネスマッチングの場として、国内随一の規模と実績を重ねてきました。コロナ禍を経て29回目の実施となる今回は、前年度を超える約380社の出展が決定。開催期間中は約3万人の来場者が見込まれています。「食の安全・おいしさ」の最新事情を知る食の安全に対する消費者の目が、今までになく厳しくなっている現在。会場の「食の安全・科学エリア」では、食品の安全管理や品質確保を科学的にサポートする製品やサービスが集中的に展示されます。製造現場におけるオンライン測定や分析技術、消費者に品質を正確に伝えるデータ解析や数値化技術など、食の安全を支える日進月歩の技術に触れることができます。また「おいしさ探求エリア」では、味・香り・テクスチャー・外見など総合的な要素で構成される「おいしさ」を分析・数値化する関連資材を集めて紹介。減塩やカロリーカット、介護・高齢者食など、多様なニーズに沿った「食のおいしさ」を実現するヒントが得られます。機能性表示食品のパビリオンが初登場会場内では、健康・機能性食品に特化した「ヘルスフードエキスポ」、通称「HFE JAPAN(エイチ・エフ・イー・ジャパン)2024」も同時開催。一般食品の原料や添加物を対象とする「ifia JAPAN」に対し、「HFE JAPAN」には健康・機能性食品の原料やその加工技術、分析技術をもつ企業が集います。国内で唯一、機能性表示食品の専門展示コーナー今年で22回目を迎える「HFE JAPAN」には、「機能性表示食品開発パビリオン」が初登場。機能性表示食品の開発を目指すメーカーが抱える疑問や課題を解決する製品・サービスが集中的に展示される、国内唯一の専門展示コーナーです。数々のヒット商品が生まれる一方、広告規制などで流動的な要素も多い機能性表示食品の市場。「自社製品を機能性表示食品にするには?」「成分の含有量や配合は?」「臨床試験や届出の流れは?」など、気になる疑問を一挙に解決できる場がこのパビリオンです。機能性表示食品の制度や関連法の最新動向、素材開発、品質・安全性の確保などをテーマにしたセミナーやシンポジウムが連日実施される他、関連団体による相談窓口も開設される予定です。同市場へ新規参入を目指すメーカーにとっても、有益な商談機会となります。食の最先端を知るセミナーも充実期間中に会場で企画される、多数のセミナーやセッションも見逃せません。主要なものとしては、初日の5月22日(水)に「第6回 日中韓食品添加物フォーラム」がコロナ禍以降で初再開され、国内外で進展する食品添加物の規格基準が3カ国間で共有されます。5月23日(木)、24日(金)には日本食品化学学会の30周年総会・学術大会が同時開催されます。会場内では学会主催の無料セミナーが行われ、研究の最先端に触れることができます。その他、「オートファジー」「減塩」「セルフケアフード」など、食品開発で注目される多様な話題をテーマとしたセミナーが連日開催されます(一部有料・要事前予約)。展示会場内のオープンスペースでは、出展社によるプレゼンテーションも無料開催されます。また十文字学園女子大学の食品開発学科とのコラボ企画として、出展社提供による素材を使用して学生チームが開発した「柚マシュマロ」「米粉クレープ」の試食配布も予定されています。食品開発を進めるうえで欠かせない「安全・健康・おいしさ」という3つの要素。その知見をより深め、最新情報に触れられる会場に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。◾️ 「ifia JAPAN 2024」及び「HFE JAPAN 2024」の詳細はこちらから:https://www.ifiajapan.com/※来場には事前登録が必要です。事前登録はこちらから:https://f-vr.jp/fcn/ifia/

記事サムネイル
セミナー・展示会

特集|ifia/HFE JAPAN 2024に出展する注目企業一覧

食品素材・添加物に特化した国内最大級の食の展示会「ifia JAPAN」。今年は、東京ビッグサイトにて5月22日(水)〜24日(金)の日程で開催されます。出展企業総数は約380社。特別企画として、食の安全確保と安心できる製品づくりを科学的にサポートする製品、サービス、関連機関を集めた「食の安全・科学エリア」や、おいしさの“数値化”をキーとした「おいしさ探求エリア」など、盛りだくさんの内容が予定されています。シェアシマに原料登録されている企業様も、ブースを構えておすすめの商品をアピールします!以下の出展社リストを参考に、会場までお越しください。関連の特集記事を読む:最新の食品原料・添加物が集結!「ifia / HFE JAPAN(国際食品素材/添加物展・ヘルスフードエキスポ)」が5月22日より開催ifia JAPAN 2024に出展する注目企業一覧

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】食の安全は素材から、注目の国産原料特集〜安心プラスアルファの魅力に迫る〜(5/8)

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2024年5月8日(水)に予定しています、第44回のテーマは、「食の安全は素材から、注目の国産原料特集〜安心プラスアルファの魅力に迫る〜」です。原料の高騰と円安の影響を同時に受ける中、国産の食品原料へのニーズが高まっています。食品業界の内外から原料の安全性への注目が集まる今、安全・安心で信頼できる選りすぐりの商品をご紹介します。登壇企業の方々へ直接質問できるコーナーもございます。ぜひ、ご参加ください。開催概要テーマ:食の安全は素材から、注目の国産原料特集〜安心プラスアルファの魅力に迫る〜日時:2024年5月8日(水)13時30分~参加方法: オンライン(EventHub)定員:200名(先着順)参加料:無料申込締切:2024年5月8日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介①「仕入先と連携!国産原料の調達と加工事例のご紹介」 京都グレインシステム株式会社(20分)当社は原料生産地の近くに工場拠点を設置し、生産者や農協様と連携した国産原料の調達、農産物の加工をおこなっています。国産原料が注目された背景や供給情報と合わせ、国産原料調達のポイントや、飲料や食品原料への加工・使用例についてご紹介します。②「ここまできた!!開発ならおさえておきたい最新植物工場の野菜原料」 株式会社ベジタブルテック(20分)就業者の減少・高齢化、耕作放棄地の増加、異常気象など様々な課題に直面する近年の日本の農業。ベジタブルテックはこれらの課題解決のため、周年安定的に高品質の植物を栽培できる「完全人工光型植物工場」を操業しました。植物工場のレタスは農薬が不要。生菌数も少なく衛生的です。水や培養液を循環させることで環境にも考慮しています。3.その他次回のご案内など<15時15分終了予定>※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。