記事サムネイル
食品ロス

アップサイクルの米粉パンを共同開発、12月の都内イベントで限定販売へ【リンネル監修】

株式会社丸冨士(長野市)とICS-net株式会社(同)は、未利用の食品原料を生地に練り込んだ米粉パン「アップサイクルフード 米粉ブレッド from 信州」を共同開発しました。本企画を監修した人気女性誌リンネル主催のイベント「クリスマスマーケット2023」(12月3日午後12時〜同5時、二子玉川ライズ ガレリア)で限定販売します。国産古米の米粉パンを、アップサイクルでもっと美味しくシェアシマを運営するICS-net株式会社では、事業の拠り所となるパーパスとして、「大切な食資源を活かす」を掲げています。実際にはまだ食べられるけれど、事情があり廃棄されてしまう食品原料(以下、「未利用原料」)を再流通させる、アップサイクル・フード企画に取り組んでいます。今回は人気女性誌「リンネル」監修の下、国産の古米を活かした米粉で美味しいパンを作っている「丸富士」、そしてシェアシマが調達した未利用原料を具材に練り込んだパンを作りました。国産の古米を使ったもちもちの米粉生地に、「美味しく食べられるが形や色が悪い」「食べられるが一般的な生産ラインでは販売していない」といった理由から、食品加工の途中で生じてしまった規格外素材(端材・残渣など)を具材にしました。美味しさと「食」の持続可能性を実現させた米粉パン。この自然からの贈りものを、みんなで食べることで、食の未来を変える一歩につながると、私たちは信じています。シェアシマ・アップサイクル特集:アップサイクル商品のための原料情報をウェブサイトで探すことができます。「アップサイクルフード・米粉ブレッド from 信州」商品紹介米粉パンは全8種。価格はいずれも、税込1200円(税込)です。柿・くるみ南信州特産「市田柿」の柿皮エキスを使用した生地に、クルミを練り込みました。柿の風味が生地に広がり、くるみの食感がアクセントとなり、独特の甘さと香りが楽しめます。にんじん・シナモンにんじんパウダーの生地にアクセントとしてシナモンを加えました。優しいにんじんの風味とアクセントとしてシナモンの香りが広がり、独自の風味を楽しめます。ケール・ベーコン少し苦味のあるケール生地にベーコンを追加しました。ケールの苦味とベーコンの風味が絶妙に組み合わさり、クリスピーな食感とコクが楽しめます。いちじくいちじくのカットを練り込みました。ほんのりフルーティーな風味があり、独特の優しい甘さが感じられます。いぶりがっこ・チーズ塩気の強いいぶりがっこを刻んで練り込んだ生地にマイルドなチーズを合わせました。いぶりがっこの塩気とチーズのマイルドさが絶妙に調和し、お酒にも合う大人な味わいが楽しめます。レンコンレンコンパウダーを練り込みました。レンコンの風味がほのかに香ります。さつまいもさつまいもパウダーの生地に甘く煮たさつまいもダイスを練り込みました。さつまいもの自然な甘さが広がり、さつまいもの風味が豊かに感じられます。抹茶抹茶生地に大納言小豆を練り込みました。抹茶独特の苦味のある生地に甘く煮た大納言小豆を合わせ、和の相乗効果を楽しめます。​リンネル「クリスマスマーケット2023」概要イベント名:リンネル「クリスマスマーケット2023」日時:2023年12月3日(日)12:00~17:00場所:二子玉川ライズ ガレリア(東京都世田谷区玉川2-21-1)ステージ出演:「宝島社プレゼンツ|リンネル編集部監修のコラボパンのトークショー」 ※14:00開始予定入場:無料(出入り自由のオープン形式)イベント情報:https://liniere.jp/column/culture/38954/【リンネルについて】“自分らしく、心地よく、本当にくつろげる暮らしとおしゃれ”。ファッション&ライフスタイル雑誌の「リンネル」は、そんなアイデアを提案しています。当たり前だけど、見落としがちな日常を丁寧に暮らす大切さを伝えたいー。そんな思いから2010年に誕生し、20代~40代女性を中心に幅広い層から支持を受けています。雑誌コンテンツだけにとどまらず、「丁寧で心地よい暮らし」をコンセプトとして、さまざまな企業とコラボレーションしてきました。洋服や工芸品などのもの作りを通じて、リンネルの世界観を広げ続けています。

記事サムネイル
行政情報

11月28日更新|行政情報【農林水産省・消費者庁・東京都】

農林水産省JAS活用マニュアルが公表されました。(令和5年11月24日)消費者庁「機能性表示食品制度届出データベース 届出情報」が更新されました。(令和5年11月24日)東京都「食品衛生歳末一斉監視の実施」が発表されました。(令和5年11月24日)

記事サムネイル
行政情報

東京都のお知らせ一覧(令和5年度)

11月「食品衛生歳末一斉監視の実施」が発表されました。(令和5年11月24日)「栄養成分表示ハンドブック」が改定されました。(令和5年10月改定)9月リーフレット「日本語で初めて表示をする人向け 加工食品の食品表示」が改定されました。(令和5年9月22日)

記事サムネイル
食品原料

原料紹介|大麦乳酸発酵液ギャバとは

本格麦焼酎のロングセラー商品「いいちこ」。その醸造工程で生じる焼酎粕を有効活用し、新たな食品原料として誕生したのが「大麦乳酸発酵液ギャバ」です。「ギャバ(GABA)」は、一般にストレス緩和や睡眠の質向上など、さまざまな健康効果をもたらすことで知られています。大麦乳酸発酵液ギャバは、上記の効果に加え、「肌弾力」や「活気・活力感」など、業界最多となる7つのカテゴリーで機能性表示が可能な注目の素材です。大麦乳酸発酵液ギャバによる健康効果を期待される方、機能性表示食品の開発に関心のある方、商品の販売力を強化したいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。大麦乳酸発酵液ギャバとは大麦乳酸発酵液ギャバは、「いいちこ」の焼酎粕を原料とした「発酵大麦エキス」を活用し、グルタミン酸と乳酸菌発酵させたもので、三和酒類株式会社が商品化しました。焼酎の製造工程で出る副産物(焼酎粕)を有効活用しようと始まった事業であり、持続可能性や環境に配慮したアップサイクル素材としても注目されています。製品の性状は白色~淡黄色の粉末です。ギャバ濃度は90%以上と高純度で、即効性のある体感素材です。豊富なエビデンスをもつ機能性表示食品素材として、今後さらなる需要拡大が期待されています。大麦乳酸発酵液ギャバの効果・効能ギャバとは、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)の略称です。ギャバは、植物や動物、人間の体内にも存在する成分の一つで、脳の興奮を鎮めたり、ストレスや緊張を和らげたりする働きがあると言われています。こうした効果から、ギャバを配合した商品の多くは「抗ストレス」「疲労感軽減」「血圧抑制」「睡眠の質向上」の効果がうたわれています。一方、大麦乳酸発酵液ギャバは、上記の4つに加えて「肌弾力」「活気・活力感」「筋肉維持」の業界最多となる7つのカテゴリーで機能性を表示することができます。このうち、「肌弾力」「活気・活力感」「筋肉維持」においては、三和酒類株式会社が特許を取得しており、大麦乳酸発酵液ギャバならではの効果を訴求することができます。機能性表示食品のカテゴリーと表示例大麦乳酸発酵液ギャバの効果、機能性表示食品の受理実績および表示例は以下の通りです。①血圧(有効摂取量:ギャバとして12.3~120㎎)【表示例】血圧が高めの方の血圧を低下させる②ストレス・③疲労感(有効摂取量:ギャバとして28~100㎎)【表示例】勉強や家事などによる一時的な精神的ストレスや疲労感を緩和※その他キーワード:仕事、事務作業、デスクワークなど上記2、3の表現+リラックス作用(有効摂取量:ギャバとして100㎎)④睡眠の質・目覚め(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】睡眠の質(眠りの深さ)の向上に役立つ※その他キーワード:中高年、健やかな睡眠、深い睡眠などスッキリとした目覚めをサポート⑤活気・活力感、気分を前向きに(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】一時的な活気・活力感の低下を軽減一時的に落ち込んだ気分を前向きにする※その他キーワード:積極的、いきいき、やる気など※特許権利化⑥肌弾力(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】肌の乾燥が気になる方の肌の弾力を維持し、肌の健康を守るのを助ける※作用機序の一部を特許権利化。大麦乳酸発酵液ギャバでしか書けない内容があります。⑦筋肉維持(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】日常の身体活動により筋肉量を維持※作用機序の一部を特許権利化。大麦乳酸発酵液ギャバでしか書けない内容があります。※機能性表示食品に配合する場合は、訴求する機能性の内容によって推奨摂取量が違います。詳しくは三和酒類株式会社の機能性データの項目をご覧ください。多彩なヘルスクレームを活かし、機能性表示食品として健康効果を具体的に訴求可能。商品のブランディング力を強化するとともに、ターゲット層や食シーンを明確化したパッケージやHPができることも大きなメリットです。大麦乳酸発酵液ギャバの注意点アミノ酸であるギャバは、糖との結合によるメイラード反応により遊離ギャバが減少する可能性があります。一緒に使用される糖類に関しては注意が必要です。メイラード反応を起こしにくい糖類に関しては、三和酒類株式会社までお問い合わせください。大麦乳酸発酵液ギャバの活用例大麦乳酸発酵液ギャバは、水への溶解性に優れ、サプリメントだけでなく飲み物やゼリー、スープ、惣菜など一般食品への利用にも適しています。また、耐熱性・耐酸性においても安定性が高く、香味に影響を与えにくいため、さまざまな用途や場面で用いることができます。商品化されているのは、以下のようなものがあります。飲料(ペットボトル、ビン)、ゼリー、お茶(ティーバッグ)、レトルトご飯、味噌汁、ドレッシング、ごまあえの素、チョコクリームパン、焼きドーナツ、クッキー、チョコロールケーキ、チョコレートプリン、羊羹、豆菓子など食品への表記は、「大麦乳酸発酵液ギャバ」「ギャバ」「γ-アミノ酪酸」「GABA」「大麦乳酸発酵液」「大麦乳酸発酵エキス」などがあります。植物由来のため、プラントベースフードにも利用が可能です。機能性表示食品開発のための充実したサポート三和酒類株式会社では、大麦乳酸発酵液ギャバを活用した商品開発のための充実したサポート体制を整えています。一般食品を機能性表示食品へアップグレードさせたい方、機能性表示食品に興味はあるが一歩踏み出せなかった方、機能性表示食品の届出が初めてという方にもお勧めの原料です。詳しくは、三和酒類株式会社までお問い合わせください。

記事サムネイル
食品原料

カメリナオイルとは|オメガ3が豊富なスーパーオイルの栄養や効果、使い方を解説

現代の日本人は、オメガ3脂肪酸の摂取量が不足気味といわれています。オメガ3脂肪酸を手軽に摂取できる食品としてえごま油やアマニ油が人気を博しているものの、酸化しやすく、過熱に弱いという欠点があります。そこでおすすめなのが、オメガ3脂肪酸が豊富で、これらの欠点を補ったカメリナオイルです。今回は、別名「スーパーオイル」とも呼ばれるカメリナオイルとはどのようなオイルなのかを徹底解説します。栄養・効果効能に加えて、デメリットや商品例、使い方・食べ方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。カメリナオイルとはカメリナオイルとは、北欧や中央アジアで自生するアブラナ科の植物カメリナ・サティバ(Camelina sativa)の種子から抽出されるオイルです(※)。ヨーロッパでは昔から親しまれてきましたが、近年、日本国内でもカメリナオイルが生産され、通販サイトなどを通じて手軽に入手できるようになりました。なお、必須脂肪酸のオメガ3・6・9をバランス良く含み、ビタミンEやベータカロテンなどの栄養も豊富なことから、「次世代のスーパーオイル」として注目されています。※参考:カナダ政府公式サイト - Completed safety assessments of novel foods including genetically modified (GM) foods「Camelina Oil」カメリナオイルの栄養と効果効能以下は、カメリナオイルに含まれる主な栄養成分です。オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸オメガ9脂肪酸ビタミンEベータカロテンポリフェノールオメガ3脂肪酸には動脈硬化の抑制や中性脂肪の減少、血栓生成の抑制、血圧降下などの効果が期待されていて、欠乏すると皮膚炎などが発症する可能性があります。体内で合成できない必須脂肪酸であり、食品から摂取しなければなりません。オメガ6脂肪酸も必須脂肪酸で、コレステロール値や血圧を下げる効果が期待されています(※)。※参考:北里大学病院栄養部「脂質について知りましょう」オメガ3脂肪酸が豊富で加熱に強い|えごま油やアマニ油との違いえごま油やアマニ油もオメガ3脂肪酸の一種であるα-リノレン酸が豊富ですが、酸化しやすく、加熱に弱いという問題があります(※1)。その点、カメリナオイルは、ビタミンEやベータカロテン、ポリフェノールといった抗酸化成分が含まれているため、酸化しにくく、加熱調理後もあまり栄養素が壊れません。発煙点(煙が発生する温度)が高く、高温で調理できることや、常温で保管できることも魅力です。なお、現代の日本人はオメガ6脂肪酸を過剰に摂取している傾向が見受けられますが、カメリナオイルには、必須脂肪酸のオメガ3・6・9が「2:1:2」というバランスの良い比率で含まれています(※2)。※1参考:北里大学病院栄養部「脂質について知りましょう」※2参考:日本放送協会「健康には必須脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」が重要!油選びのコツ」カメリナオイルにはデメリットもあるカメリナオイルには、「ナッツやアスパラガスのような香り」あるいは「青みがかった香り」と表現される独特の香りがあります。人によって感じ方は異なりますが、どうしても気になる場合は生で使用するのではなく、加熱料理に使うと良いでしょう。カメリナオイルの商品例カメリナオイルの生産地は、カナダやスウェーデンなど多種多様です。原材料の種子をカナダから輸入した上で、日本国内で製造されるケースもあります。容量は1本あたり100ml程度~数百ml程度の商品が多く、価格帯は一般的なオイル(オリーブオイルなど)と比べて高めです。ただし、千円程度から数千円程度までと幅が広く、容量や贈答用の箱の有無・種類などによっても変わるので、各業者のECサイトで詳細をご確認ください。カメリナオイルの国産品が登場して話題に近年、国内の契約農家が無農薬で栽培したカメリナ・サティバの種子を、国内工場でコールドプレス製法してオイルを抽出した「完全国産品」も流通するようになりました。なお、業者によっては、海外から種子を輸入した上で、国内工場でオイルを抽出しているケースもあります。カメリナオイルの使い方・食べ方以下、カメリナオイルの摂取量の目安について説明した上で、使い方・食べ方を紹介します。カメリナオイルの摂取量の目安カメリナオイルは、不足しがちなオメガ3脂肪酸の量を考慮して摂取しましょう。下表に、オメガ3脂肪酸の1日あたりの摂取目安量を年齢別にまとめました(※)。

記事サムネイル
行政情報

東京都のお知らせ一覧(令和5年度)

11月「食品衛生歳末一斉監視の実施」が発表されました。(令和5年11月24日)「栄養成分表示ハンドブック」が改定されました。(令和5年10月改定)9月リーフレット「日本語で初めて表示をする人向け 加工食品の食品表示」が改定されました。(令和5年9月22日)

記事サムネイル
行政情報

11月28日更新|行政情報【農林水産省・消費者庁・東京都】

農林水産省JAS活用マニュアルが公表されました。(令和5年11月24日)消費者庁「機能性表示食品制度届出データベース 届出情報」が更新されました。(令和5年11月24日)東京都「食品衛生歳末一斉監視の実施」が発表されました。(令和5年11月24日)

記事サムネイル
食品ロス

アップサイクルの米粉パンを共同開発、12月の都内イベントで限定販売へ【リンネル監修】

株式会社丸冨士(長野市)とICS-net株式会社(同)は、未利用の食品原料を生地に練り込んだ米粉パン「アップサイクルフード 米粉ブレッド from 信州」を共同開発しました。本企画を監修した人気女性誌リンネル主催のイベント「クリスマスマーケット2023」(12月3日午後12時〜同5時、二子玉川ライズ ガレリア)で限定販売します。国産古米の米粉パンを、アップサイクルでもっと美味しくシェアシマを運営するICS-net株式会社では、事業の拠り所となるパーパスとして、「大切な食資源を活かす」を掲げています。実際にはまだ食べられるけれど、事情があり廃棄されてしまう食品原料(以下、「未利用原料」)を再流通させる、アップサイクル・フード企画に取り組んでいます。今回は人気女性誌「リンネル」監修の下、国産の古米を活かした米粉で美味しいパンを作っている「丸富士」、そしてシェアシマが調達した未利用原料を具材に練り込んだパンを作りました。国産の古米を使ったもちもちの米粉生地に、「美味しく食べられるが形や色が悪い」「食べられるが一般的な生産ラインでは販売していない」といった理由から、食品加工の途中で生じてしまった規格外素材(端材・残渣など)を具材にしました。美味しさと「食」の持続可能性を実現させた米粉パン。この自然からの贈りものを、みんなで食べることで、食の未来を変える一歩につながると、私たちは信じています。シェアシマ・アップサイクル特集:アップサイクル商品のための原料情報をウェブサイトで探すことができます。「アップサイクルフード・米粉ブレッド from 信州」商品紹介米粉パンは全8種。価格はいずれも、税込1200円(税込)です。柿・くるみ南信州特産「市田柿」の柿皮エキスを使用した生地に、クルミを練り込みました。柿の風味が生地に広がり、くるみの食感がアクセントとなり、独特の甘さと香りが楽しめます。にんじん・シナモンにんじんパウダーの生地にアクセントとしてシナモンを加えました。優しいにんじんの風味とアクセントとしてシナモンの香りが広がり、独自の風味を楽しめます。ケール・ベーコン少し苦味のあるケール生地にベーコンを追加しました。ケールの苦味とベーコンの風味が絶妙に組み合わさり、クリスピーな食感とコクが楽しめます。いちじくいちじくのカットを練り込みました。ほんのりフルーティーな風味があり、独特の優しい甘さが感じられます。いぶりがっこ・チーズ塩気の強いいぶりがっこを刻んで練り込んだ生地にマイルドなチーズを合わせました。いぶりがっこの塩気とチーズのマイルドさが絶妙に調和し、お酒にも合う大人な味わいが楽しめます。レンコンレンコンパウダーを練り込みました。レンコンの風味がほのかに香ります。さつまいもさつまいもパウダーの生地に甘く煮たさつまいもダイスを練り込みました。さつまいもの自然な甘さが広がり、さつまいもの風味が豊かに感じられます。抹茶抹茶生地に大納言小豆を練り込みました。抹茶独特の苦味のある生地に甘く煮た大納言小豆を合わせ、和の相乗効果を楽しめます。​リンネル「クリスマスマーケット2023」概要イベント名:リンネル「クリスマスマーケット2023」日時:2023年12月3日(日)12:00~17:00場所:二子玉川ライズ ガレリア(東京都世田谷区玉川2-21-1)ステージ出演:「宝島社プレゼンツ|リンネル編集部監修のコラボパンのトークショー」 ※14:00開始予定入場:無料(出入り自由のオープン形式)イベント情報:https://liniere.jp/column/culture/38954/【リンネルについて】“自分らしく、心地よく、本当にくつろげる暮らしとおしゃれ”。ファッション&ライフスタイル雑誌の「リンネル」は、そんなアイデアを提案しています。当たり前だけど、見落としがちな日常を丁寧に暮らす大切さを伝えたいー。そんな思いから2010年に誕生し、20代~40代女性を中心に幅広い層から支持を受けています。雑誌コンテンツだけにとどまらず、「丁寧で心地よい暮らし」をコンセプトとして、さまざまな企業とコラボレーションしてきました。洋服や工芸品などのもの作りを通じて、リンネルの世界観を広げ続けています。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【開催決定】マーケティングから考える、健康志向の商品企画【国分グループ登壇セミナー】

食品でも採用事例が増えている「AskDoctors評価サービス」を展開されている、エムスリー株式会社様より、セミナーのご案内です。AskDoctors評価サービスとは、医師が商品やサービスを客観的に評価し、基準を満たした場合「医師の確認済み商品」として認定するものです。飲料や調味料、加工食品など、身近な食品にもこちらのマークが見られるようになりました。今回は、そんなヘルスケアマーケティングに精通するエムスリー株式会社と、創業300年を超える「食品卸」国分グループより、健康食品に関する商品企画のお話が聞けるセミナーをご案内します。食品メーカー様必見!国分グループ登壇セミナーを開催コロナ禍をきっかけに、生活者の健康意識は高まり、それに伴い市場では健康志向食品が増えています。そして健康に良い商品・健康志向食品というのは、従来とは開発や企画の手法が異なってきています。そこで、国分グループのヘルスケア統括部副部長である佐々木様にご登壇いただき、健康志向食品のモノづくりの考え方についてお話いただきます。セミナー後半では、その健康志向食品の価値を正しく消費者へ伝える手法の1つである「AskDoctors」との商品開発について、医療機関、医師とのネットワーク国内トップを誇るエムスリー株式会社ヘルスケアマーケティンググループ AskDoctors総研所長 津田よりお話させていただきます。セミナー概要テーマ:マーケティングから考える、健康志向の商品企画日時:12月5日(火)14:00-15:00視聴方法:ZOOMウェビナー参加費:無料主催:エムスリー株式会社、AskDoctors総研こちらのお申し込みフォームより、ウェブでお申し込みいただけます。プログラム第一部:「マーケティングから考える、健康志向の商品企画」国分グループ本社株式会社 ヘルスケア統括部 副部長 佐々木誠氏第二部:「商品の価値を正しく消費者へ伝える“AskDoctors"と商品開発」エムスリー株式会社/AskDoctors総研所長 津田宗利登壇者プロフィールなど詳細は、AskDoctors総研の公式サイトへ提供企業情報<エムスリー株式会社>〒107-0052 東京都港区赤坂1丁目11番44号 赤坂インターシティ10階お問合せ先:AskDoctors総研(ad-dev@m3.com)

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付中】素材を生かした商品の開発に特化した食品原料〜独自の価値を打ち出すヒント〜(12/13)

当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2023年12月13日(水)に予定しています、第38回のテーマは、「素材を生かした商品の開発に特化した食品原料〜独自の価値を打ち出すヒント〜」です。食品開発において、美味しさや栄養成分の決め手となる「素材」選びは非常に重要です。当セミナーでは、素材にこだわった食品原料と、その特性を最大限に引き出すための方法について各社よりご紹介いただきます。商品の競争力を高め、独自の価値を打ち出すためのヒントが必ず見つかるはずです。ぜひご視聴ください。※登壇企業の方々への質問コーナーもございます。開催概要テーマ:素材を生かした商品の開発に特化した食品原料〜独自の価値を打ち出すヒント〜日時:2023年12月13日(水)13時30分~方法:ZOOM(ウェビナー)定員:200名(先着順)参加料:無料お申込はこちら:https://shareshima.com/seminars/20231213※こちらでお申し込みを受け付けた後、メールにてZoomのURLをお送りします申込締切:2023年12月13日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など 2.製品・サービス紹介①「マーケティング訴求力のあるシチリア産レモン果肉原料」(20分) 片岡物産株式会社様々なアプリケーションに使用可能なレモン原料は、最終製品においても味覚や食感で差別化ができる魅力的な素材です。レモンの産地として訴求力のあるシチリア産、且つ、市場では珍しいポストハーベスト不使用のレモン果肉原料をご紹介します。②「柑橘由来アップサイクル原料『MaCSIE』」(20分)愛媛製紙株式会社製紙における叩解技術の応用により、搾汁残渣の果皮の主成分であるセルロース繊維をナノサイズまで細かくした「MaCSIE」は、高粘性・チクソ性に優れた機能性ペーストです。柑橘由来の有効成分による生理活性も併せ持つ、「MaCSIE」の効果的な活用方法についてご紹介します。3.その他次回のご案内など<15時終了予定>※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
食品ロス

賞味期限表示に「おいしいめやす」、食品事業者への拡大に期待【権現前営農組合】

食品パッケージにおいて、期限表示の意味を消費者に正しく伝えることは、食品ロス削減のための有効な手立てです。三重県松阪市嬉野で「旬前耕房ごん豆」を運営する株式会社権現前営農組合では、このほど、製造・販売する一部の商品の賞味期限表示に「おいしいめやすです」という言葉を併記し、食品ロス削減の一歩に繋げる取り組みを始めました。後述するニュースレター「パル通信」の記事を読んだことが表示改善に繋がったとのこと。同社にお勤めで、活動の中心となった管理栄養士の松井順子さんに、賞味期限表記の変更までの背景とその想いについてお聞きしました。食品ロス削減のための誰かの一歩に株式会社権現前営農組合では2023年10月、賞味期限の正しい意味を一般消費者により理解しやすく伝える工夫として、2023年9月に製造した「嬉野大豆のピクルス」一種において、商品ラベルの賞味期限表示に「おいしいめやすです」を併記しました。取り組みにあたっては、消費者庁の食品表示基準Q&A(※1)の情報を基に、保健所や県の担当者にも表示を見てもらうなど、周囲の理解も得ながら計画的に進めました。その上で、10月には、当月が食品ロス削減月間であることと共に、活動の経緯やラベル改変に込めた想いを書いたプレスリリースを作成するなど、広く情報発信することにも努めていらっしゃいます。松井さんは、かねてより、店のお客様が棚の奥の商品(賞味期限の長い)に手を伸ばしたり、賞味期限に敏感になるあまり食品ロスが生じてしまう現状に課題を感じていました。2021年頃からは、国が提案する「てまえどり」を促すPOPや、地域のキャラクターを添えた手描きPOPなどを使って消費者に食品ロス削減を呼びかけてきました。しかし、思うような反応は得られなかったそうです。その一因として、消費者の期限表示に関する正しい理解が進んでいないこと、また、それが食品ロスに繋がっているということを学ぶ機会がないためではないかと考えました。松井さんは、「この取り組みが、賞味期限の正しい理解に導く一助となってほしい。そして、食品ロス削減のための誰かの一歩に繋がれば嬉しい」と話します。※1:食品表示基準Q&A売り場で食品ロス削減を積極的に呼びかけている(ごん豆のインスタグラムより)「おいしいめやす」を選んだわけプレスリリースにもあるように、「おいしいめやす」は、2020年に消費者庁が実施した「賞味期限の愛称・通称コンテスト」で最優秀賞に選ばれた言葉です。松井さんは、賞味期限に併記する言葉にこれを選んだ理由について、次のポイントを挙げています。短い言葉でわかりやすい、伝わりやすいこと消費者庁が選んだ言葉ならば、間違った理解に繋がりにくいと思ったこと枠内にすっきりと収まる言葉であること買い物をする時には、裏面までじっくりと見てもらえることは少なく、長い文章を添えてもかえって伝わるハードルを上げてしまうと考え、賞味期限の横にすっきりと収まるこの言葉を選んだそうです。消費者庁では、期限表示の意味を正しく理解してもらうことを目的に、「おいしいめやす」を活用した普及啓発キャンペーンを2021年に実施しています(※2)。松井さんが参考にされた消費者庁の「食品表示基準Q&A」でも、消費期限や賞味期限の意味について分かりやすく表示することを推奨しています。しかし、未だ普及には至っていません。こうした状況の中、松井さんの取り組みは、食品事業者が実践できる賞味期限表記の具体的な事例を示してくれています。松井さんが参考にされた「食品表示基準Q&A」。プレスリリースより※2 参考:https://www.caa.go.jp/notice/assets/consumer_education_cms201_210129_01.pdfもっと多くの事業者に広がってほしい権現前集落の村づくりの拠点ともなっている「旬前耕房ごん豆」では、その土地の恵みを無駄なく美味しく食べてもらえるように商品化して販売しています。松井さんは、食品の生産から販売までに携わる立場として、自らが担う責任の重要性を感じています。「私たちは、生産者と消費者の橋渡しをし、消費者と直接コミュニケーションを取れる立場にあります。消費者に対して、実生活で取り組めるような提案をしていきたい。そういう役割が食品事業者にはあると思っています。食品ロスが環境問題につながっていること、目先のことだけでなくその先のことにも目を向けられる人が増えたらいい。このような取り組みがもっと多くの事業者に広がっていくことを願っています」(松井さん)食品ロス削減のための消費者啓発は、食品事業者に求められている重要な役割です。自社の商品でも期限表記の工夫を取り入れたいとお考えの方は、松井さんも参考にされた消費者庁の「食品表示基準Q&A」が役立ちます。ぜひ、一緒に取り組みを広めていきませんか。デンマークでは、5年間で25%もの食品ロスを削減松井さんは取材の中で、今回の取り組みのきっかけとなった、井出留美さんの『パル通信』の記事についても紹介してくれました。記事では、デンマークでの取り組みを例に、牛乳パックの側面に、「賞味期限はめやす」であること、「目で見て、鼻でにおいを嗅いで、舌で味わって、大丈夫なら飲食可能」であることが表記されていること、賞味期限表示の横に「過ぎてもたいていの場合は飲食可能」と書かれていることなどを取り上げています。そして、このような取り組みを含めさまざまな施策により、5年間で25%もの食品ロスを減らしていることを伝えています。井出留美さんの「パル通信」では、ごん豆の事例も紹介しています「賞味期限の工夫!食品企業が見習うべき事例とは」シェアシマが松井さんへ取材をするきっかけとなった記事です。こちらも、ぜひご覧ください。井出留美さんの「パル通信」とは世界180カ国で展開するグローバル食品企業と日本初のフードバンクの双方で広報責任者として勤務し、独立したジャーナリストの井出留美さんが、食品ロスや食関連のSDGs・サステナビリティに関する世界の最新情報から本質的なものを選りすぐり、本や映画も含めたここだけの情報をお伝えするニュースレターです。<おすすめのポイント>食品ロスの正しい知識がつくサステナビリティ情報も配信中過去の記事も読み放題毎週届き、いつでも配信停止可能読みやすいデザイン井出さんには、シェアシマの活動も応援していただいています。ご興味のある方は、以下のURLより他の記事もご覧ください。https://iderumi.theletter.jp/

記事サムネイル
食品原料

カメリナオイルとは|オメガ3が豊富なスーパーオイルの栄養や効果、使い方を解説

現代の日本人は、オメガ3脂肪酸の摂取量が不足気味といわれています。オメガ3脂肪酸を手軽に摂取できる食品としてえごま油やアマニ油が人気を博しているものの、酸化しやすく、過熱に弱いという欠点があります。そこでおすすめなのが、オメガ3脂肪酸が豊富で、これらの欠点を補ったカメリナオイルです。今回は、別名「スーパーオイル」とも呼ばれるカメリナオイルとはどのようなオイルなのかを徹底解説します。栄養・効果効能に加えて、デメリットや商品例、使い方・食べ方も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。カメリナオイルとはカメリナオイルとは、北欧や中央アジアで自生するアブラナ科の植物カメリナ・サティバ(Camelina sativa)の種子から抽出されるオイルです(※)。ヨーロッパでは昔から親しまれてきましたが、近年、日本国内でもカメリナオイルが生産され、通販サイトなどを通じて手軽に入手できるようになりました。なお、必須脂肪酸のオメガ3・6・9をバランス良く含み、ビタミンEやベータカロテンなどの栄養も豊富なことから、「次世代のスーパーオイル」として注目されています。※参考:カナダ政府公式サイト - Completed safety assessments of novel foods including genetically modified (GM) foods「Camelina Oil」カメリナオイルの栄養と効果効能以下は、カメリナオイルに含まれる主な栄養成分です。オメガ3脂肪酸オメガ6脂肪酸オメガ9脂肪酸ビタミンEベータカロテンポリフェノールオメガ3脂肪酸には動脈硬化の抑制や中性脂肪の減少、血栓生成の抑制、血圧降下などの効果が期待されていて、欠乏すると皮膚炎などが発症する可能性があります。体内で合成できない必須脂肪酸であり、食品から摂取しなければなりません。オメガ6脂肪酸も必須脂肪酸で、コレステロール値や血圧を下げる効果が期待されています(※)。※参考:北里大学病院栄養部「脂質について知りましょう」オメガ3脂肪酸が豊富で加熱に強い|えごま油やアマニ油との違いえごま油やアマニ油もオメガ3脂肪酸の一種であるα-リノレン酸が豊富ですが、酸化しやすく、加熱に弱いという問題があります(※1)。その点、カメリナオイルは、ビタミンEやベータカロテン、ポリフェノールといった抗酸化成分が含まれているため、酸化しにくく、加熱調理後もあまり栄養素が壊れません。発煙点(煙が発生する温度)が高く、高温で調理できることや、常温で保管できることも魅力です。なお、現代の日本人はオメガ6脂肪酸を過剰に摂取している傾向が見受けられますが、カメリナオイルには、必須脂肪酸のオメガ3・6・9が「2:1:2」というバランスの良い比率で含まれています(※2)。※1参考:北里大学病院栄養部「脂質について知りましょう」※2参考:日本放送協会「健康には必須脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」が重要!油選びのコツ」カメリナオイルにはデメリットもあるカメリナオイルには、「ナッツやアスパラガスのような香り」あるいは「青みがかった香り」と表現される独特の香りがあります。人によって感じ方は異なりますが、どうしても気になる場合は生で使用するのではなく、加熱料理に使うと良いでしょう。カメリナオイルの商品例カメリナオイルの生産地は、カナダやスウェーデンなど多種多様です。原材料の種子をカナダから輸入した上で、日本国内で製造されるケースもあります。容量は1本あたり100ml程度~数百ml程度の商品が多く、価格帯は一般的なオイル(オリーブオイルなど)と比べて高めです。ただし、千円程度から数千円程度までと幅が広く、容量や贈答用の箱の有無・種類などによっても変わるので、各業者のECサイトで詳細をご確認ください。カメリナオイルの国産品が登場して話題に近年、国内の契約農家が無農薬で栽培したカメリナ・サティバの種子を、国内工場でコールドプレス製法してオイルを抽出した「完全国産品」も流通するようになりました。なお、業者によっては、海外から種子を輸入した上で、国内工場でオイルを抽出しているケースもあります。カメリナオイルの使い方・食べ方以下、カメリナオイルの摂取量の目安について説明した上で、使い方・食べ方を紹介します。カメリナオイルの摂取量の目安カメリナオイルは、不足しがちなオメガ3脂肪酸の量を考慮して摂取しましょう。下表に、オメガ3脂肪酸の1日あたりの摂取目安量を年齢別にまとめました(※)。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付中】[50歳からの]キャリアコンサルタントによるセカンドキャリア準備講座〜現職でも転職でもない第三の選択肢〜(12/7)

<Simplize株式会社 × シェアシマ 共同開催!>食品業界で長く従事されてきた50歳以上の方に向けて、具体的なセカンドキャリア準備に関して学ぶことができる講座を開講します。ご自身の興味関心や強みを棚卸しし、長年培われてきた知識や経験を食品業界の未来のために活かしませんか? 講師は、国家資格キャリアコンサルタントの高橋太郎さんです。ぜひ、ご参加ください。こんな方におすすめです食品業界において、食品の開発関連部署にお勤めの50歳以上の方自己スキルの棚卸しをしたい、次のキャリアについて考えてみたい方食品業界での経験を活かせる業務案件をお探しの方ご自身のセカンドキャリア計画への準備を考えている方開催概要テーマ:[50歳からの]キャリアコンサルタントによる食品業界向けセカンドキャリア準備講座〜現職でも転職でもない第三の選択肢〜日時:2023年12月7日(木)20時00分~21時00分方法:Zoom(インターネット経由で全国どこからでもご参加いただけます)参加料:3,000円(税込)申込方法:https://lp.shareshima.com/lp/skillupseminar/20231207※こちらでお申込み受付後、ご入金確認次第メールにてZoomのURLをお送りします申込締切:2023年12月1日(金) 支払締切:2023年12月4日(月)講師のご紹介高橋 太郎国家資格キャリアコンサルタント新卒でセールスプロモーションのベンチャー企業に入社。企画営業として飲料、食品メーカーを歴任。その後、大手商社の関連会社に転職。大手小売流通企業のマーケティングを担当。ビッグデータを活用した顧客の見える化、マーケティング施策に従事。2020年9月に国家資格キャリアコンサルタント取得、キャリアコーチ開始。複業/フリーランスのエージェント業務を経験後、ミドルのキャリア支援企業でトレーナー開始。プログラム1.セミナーの説明と注意事項シェアシマ事務局より2.内容(予定)①主催会社、講師紹介②50代を取り巻く環境③自己スキルの棚卸し(ワーク形式を想定)④セカンドキャリア戦略⑤キャリアの活かせる業務案件の探し方ヒアリングから顕在化した強みを活かした業務案件を、シェアシマよりご紹介させていただくこともございます。セカンドキャリアへの具体的な準備をお考えの方はぜひご受講ください。<21時00分終了予定>※時間は目安ですので多少前後する可能性があります。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【年間スケジュール】シェアシマ商品開発セミナー2024

シェアシマセミナーは、食品開発・製造に関わるテーマで定期的に開催しています。(参加無料)参加者が、登壇企業へ質問できるコーナーも設けております。是非、ご参加ください。※シェアシマセミナーに登壇ご希望の企業様は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。お得なプランもございます。 <年間スケジュール(2024年)>※記載の内容は予告なく変更となる場合もございます。ご了承ください。1月                              「原料高騰の今こそ考えたい〜美味しさは、風味と香りでデザインする〜」2月「SDGsにも貢献!プラントベースフード成功事例」 「品質保証・品質管理 最新情報」3月「食品ロス削減とロングライフ技術」 「製菓・製パン特集」4月「Z世代に向けた商品開発(プラントベースフード)」5月「機能性表示食品の開発事例 健康機能の訴求ポイント」6月「食品原料グローバルトレンド:発酵とうまみ」 「海外展開も踏まえた差別化原料(ハラールなど)」7月「腸活とフェムケア」8月以降(現在テーマを検討しています)シェアシマでは、皆様の商品開発に役立つセミナーを随時企画しております。「○○をテーマでやってほしい」「○○についての事例が知りたい」など、ご希望がございましたら、お気軽にリクエストください。どうぞよろしくお願いいたします。

記事サムネイル
サステナブル

これで問題解決?!ウナギの完全養殖【食品企業のためのサステナブル経営(第9回)】

前回の記事を読む:アニマルウェルフェアが人間にも役立つわけ【食品企業のためのサステナブル経営(第8回)】数週間前に、近畿大学がニホンウナギの完全養殖に成功したというニュース(※1)が流れました。これを聞いて、「えっ、ウナギって養殖じゃなかったの?」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。あるいは、「完全養殖」という言葉に気がついた方は、「完全養殖は普通の養殖とどう違うのだろう?」と思われたかもしれません。完全養殖とは、養殖した親から生まれた卵由来の稚魚を養殖し、養殖環境下で繁殖サイクルが完全に回るようにできることです。一方で、通常の養殖ウナギの場合、人工養殖といっても稚魚は自然から採取した天然のシラスウナギであり、結局は貴重な自然の資源に依存しているのです。完全養殖ができるようになれば、天然のウナギ資源を損なうことなくウナギを利用することが可能になりますから、水産物の持続可能性のためには非常に大きな意味があるのです。※1 参考:ニホンウナギの完全養殖に大学として初めて成功 養殖用種苗(稚魚)としての実用化をめざし、今後さらに研究を継続「完全養殖」で、ウナギが今より安くなる?しかし、完全養殖は必ずしも容易なことではありません。近畿大学は完全養殖の研究と実用化に大変力を入れており、「近大マグロ」として有名になったクロマグロの他、マダイ、シマアジ、ブリ、カンパチ、トラフグ、ヒラメなどの高級魚の完全養殖に成功していますが、ウナギの稚魚は大変繊細で特に養殖が難しく、今回ようやく完全養殖に成功したのです。それでも天然のシラスウナギを養殖するよりも10倍以上のコストがかかるとのことで、商業化までにはまだ時間が必要そうです。そうは言っても、少なくとも技術的には完全養殖が可能になったわけですので、今後さらに研究が進んでコストが下がれば、自然の資源量を損なうことなくウナギを養殖することができるようになるでしょう。もしかすると、将来的には、今より安くウナギが食べられるようになるかもしれません。ところで、なぜ最近のようにウナギの価格が高騰したのかと言えば、それはもちろん天然のウナギが獲れなくなってしまったからです。成長したウナギはもちろんですが、シラスウナギの捕獲数も大幅に減ってしまっています(※2)。国内で捕獲されるシラスウナギの量は1960年代には200トン以上ありましたが、2000年代初頭にはその1/10にまで減少し、2019年には3.7トンと、かつての1/50以下にまで激減してしまっています。しかもこの傾向は一時的なものではなく、過去50年間一貫しているのです。当然このままでは絶滅も心配されます。2013年には環境省がニホンウナギを絶滅危惧IB類​​にカテゴリーを変更し、また2014年には国際自然保護連合 (IUCN) も絶滅危惧種 (EN) に指定しています。絶滅危惧種になっても食用が禁止されるわけではないので、捕獲数が少なくなった分、価格は上がります。今ではシラスウナギはキロ数百万円の価格で取引されることもあり、「白いダイヤ」とも呼ばれます。大金が動くとなると、そこには闇の勢力も介在するようになり、一説では国内で取引されるシラスウナギの4割が密猟や無報告のものであると疑われています。※2 参考:令和元年度 国際漁業資源の現況(水産研究・教育機構)水産業における養殖の重要性とは冬の夜に行われるシラスウナギ漁なぜこんなにもウナギの数が減ってしまったのでしょうか。最近は気候変動による水温上昇や海の中の環境変化の影響を理由に挙げるむきもありますが、1960年代以降減少していることを考えれば、どうやらそれだけではなさそうです。これまでウナギが生息場所としてきた田んぼやその周りの水路、さらには河川が整備されてウナギの住処に適さなくなったことなども原因とされます。しかし、やはり最大の原因は獲り過ぎ、食べ過ぎでしょう。今よりずっと価格が安かった昭和の頃でさえ、ウナギはしょっちゅう気軽に食べるものではなかったはずです。弁当や外食チェーンで気軽に食べるほどの資源量はもともとなかったのです。お客さまにおいしいものを安く提供するということは、食品産業において一見「正義」のようにも見えますが、そのために資源量を減らしてしまい、種を絶滅の淵に追いやっているとしたら、もう少し慎重に考える必要があるでしょう。そもそも資源がなくなってしまっては、そのビジネスをこの先続けることができないのですから。実はウナギに限らず、世界の水産資源は今や危機的な状況に陥っています。詳細はまた別の回に説明しますが、世界の漁獲高は毎年成長しているものの、そのうち天然水産物の漁獲高は1980年代後半からはほとんど成長しておらず、その分を養殖水産物が補っている状態です。(※3)※3 参考:FAO『世界漁業・養殖業白書2020』Fig.1逆に言えば、養殖水産物はこれからの食料資源として大きな可能性を秘めています。まだまだ開発余地、成長余地があることがまず一つの理由です。そして、これまでにも紹介したように牛肉などの肉類は環境負荷の大きさ故にこれ以上生産を増やすことができませんので、肉に代わるタンパク質の供給源としても期待されているのです。また、多くの地域で雇用を生むことができるという点でも期待されています。一方で今回ご紹介したウナギのように、完全養殖でなければ天然資源に依存することになりますし、また養殖して育てるためには、餌やエネルギーなどの資源も必要になります。それ以外にも、養殖であれば天然より常に環境や地域社会に与える負荷が少ないとは言い切れないのです。そこで今回の記事の結論として、「養殖であればなんでも良い、つまり持続可能というわけではない」ということをぜひ記憶しておいていただきたいと思います。それでも養殖が水産業において、また広く食品産業にとっても期待の星であることは間違いありません。ですので、それを正しく活用する方法について、次回以降さらに詳しく考えていきたいと思います。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】商品の魅力をアップさせる「食感」とは?差別化ポイントと事例紹介(11/29)

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2023年11月29日(水)に予定しています、第37回のテーマは、「商品の魅力をアップさせる『食感』とは?差別化ポイントと事例紹介」です。「食感」は、「味」、「香り」と並ぶ、食品のおいしさを決める3大要素のひとつです。歯応え、弾力、舌触りなど、食感にこだわることで食品の魅力をより一層引き立てることができます。当セミナーでは、食感についての基本的な知識から、商品開発における素材選び、差別化のポイントまでを、事例を交えて各社よりご紹介いただきます。多様な食品に応用可能な「食感」について学ぶ貴重な機会です。ぜひご視聴ください。※登壇企業の方々への質問コーナーもございます。開催概要テーマ:商品の魅力をアップさせる「食感」とは?差別化ポイントと事例紹介日時:2023年11月29日(水)13時30分~方法:ZOOM(ウェビナー)定員:200名(先着順)参加料:無料申込締切:2023年11月29日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介①「食感分析器テンシプレッサーの活用と実用例」(30分)株式会社タケトモ電機食感分析器テンシプレッサーには、食品のおいしさの一つである物理的要素「食感(硬さや粘り、咀嚼感等)」を数値化・点数化する機能があります。当セミナーでは、テンシプレッサー独自の測定・分析方法と実用例を、わかりやすい動画とともにご紹介します。②「食感改良効果を発揮する粉末油脂『エレメント215』のご紹介」(20分) ミヨシ油脂株式会社「エレメント215」は、乳や卵などアレルギー特定原材料(表示義務のある8品目)を配合しない機能性粉末油脂です。食感改良を有し、麺や総菜、菓子など様々な食品へ効果を発揮します。粉末油脂ならではの特性をご紹介するとともに「エレメント215」の食品への応用例についてもご紹介します。③「独自加工を施した『やわゲル』の物性とその利用例のご紹介」(20分) 株式会社タイショーテクノス「やわゲル」とは、増粘多糖類を独自の加工技術によって、出来上がるゼリーの固さや溶液の粘度を変化させた新規素材です。とろけるような食感やなめらかな舌触りなど多彩なテクスチャーを実現し、離水抑制効果や汎用的な増粘剤としても使用可能です。当セミナーでは、「やわゲル」の物性と、その特長を生かした食品への利用例について詳しくご紹介します。3.その他次回のご案内など<15時終了予定>※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
サステナブル

解説|TNFDフレームワークとは?LEAPアプローチについても紹介

生物多様性の保全が国際的に叫ばれる中、日本の食品メーカーも、対応を求められています。TNFDフレームワークの概要や、情報開示の手法であるLEAPアプローチを理解するには、そこに至るまでの背景から理解することが必要です。こちらの記事では、これらの概念について詳しく解説します。TCFDフレームワークとの違いや、TNFDフレームワークにおける開示推奨項目、食品業界における企業の取り組み事例についても紹介します。ぜひ参考にしてみてください。TNFDフレームワークの概要|生物多様性を保全するための国際的な枠組みTNFDは、“Taskforce on Nature-related Financial Disclosures”の略称で、民間企業や金融機関などが参加し、自然資本や生物多様性に関するリスクと機会を評価・開示するための国際組織です。日本語では「自然関連財務情報開示タスクフォース」と訳されています。TNFDフレームワークとは、自然環境の変化や生物の多様性が企業活動にどのような影響を及ぼすのかという情報を開示するための枠組みです。パリ協定やSDGsに沿って生物多様性を保全・回復する活動に資金の流れを向け、世界経済が持続的に成長し、人々が繁栄を謳歌できるようにすることを目的としています。なお、TNFD(自然関連財務情報開示タスクフォース)は、2019年1月に開催された世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)において着想されました。TCFDの情報開示フレームワークをベースにしているTNFDフレームワークのベースになっているのは、TCFDのフレームワーク(企業の気候変動に対する取り組みを可視化するための枠組み)です。TCFDは“Task Force on Climate-related Financial Disclosures”の略で、日本語では「気候関連財務情報開示タスクフォース」と訳されています。気候変動問題に積極的に取り組む企業に世界中の投資家から資金が集まり、さらなる成長に繋がる「地球環境保護と成長の好循環」を実現することを目的とした国際組織です。TNFDフレームワークにおける開示推奨項目2023年9月に公開されたTNFDフレームワークv1.0では、以下に示す項目を開示することが推奨されています(※)。ガバナンス:自然に関連する依存、影響関係、リスクおよび機会に関する組織のガバナンスを開示する。戦略:自然関連の依存、影響関係、リスクおよび機会が組織のビジネスモデル、戦略、財務計画に及ぼす影響を、そのような情報が重要である場合には開示する。リスクとインパクト管理:自然関連の依存、影響関係、リスクおよび機会を特定、評価、優先順位付け、監視するために組織が使用するプロセスについて説明する。指標と目標:重要な依存、影響関係、リスク、機会を評価および管理するために使用される指標と目標を開示する。なお、TFNDの公式資料は英文となっているため、上記文言はPwC Japanグループによる日本語訳に準拠していることにご留意ください。正式な文言(英文)は、TNFDの公式サイトなどで確認しましょう。※参考1:TNFD公式サイト"Getting started with adoption of the TNFD recommendations Version 1.0"※参考2:PwC Japanグループ「TNFDフレームワークの概要と企業に求められることを解説」LEAPアプローチとは|情報開示のための4つのフェーズTNFDは、上述した項目を分析・開示するための手法として「LEAPアプローチ」を提唱しています。LEAPアプローチとは、自然関連のリスクや機会を統合的に評価し、情報を開示するための手順です。LEAPとは、「Locate」「Evaluate」「Assess」「Prepare」という4つのフェーズの頭文字をとったものです。ここでは、それぞれのフェーズについて詳しく説明します。1.Locateフェーズ|自然との接点の発見まず、どのような場所で自社(サプライチェーンを含む)が事業活動を展開しているのかを把握した上で、自然との接点(インターフェイス)を探します。そして、脆弱性の高い地域やセクターなど(たとえば、水不足によって日常生活が不便な地域)を特定します。2.Evaluateフェーズ|依存度と影響の診断次に、Locateフェーズで抽出した地域における事業活動が依存する(または、影響を及ぼす)自然資本・生態系サービスを特定してください。その上で、どのくらいの規模・程度なのか、内容がポジティブなものなのかネガティブなものなのかを診断しましょう。3.Assessフェーズ|重要なリスクと機会の評価ここまでのプロセスで把握した情報を踏まえてリスクを特定し、当該リスクに対して既に講じている軽減策や管理方法を確認してください。「リスク軽減の観点から不充分」と判断される場合は、追加的な方策を講じましょう。同時に「自社の事業活動にどのような機会がもたらされるか」も検討し、財務パフォーマンス(収益・コスト)や財務状況(資産・負債)に与える影響について分析してください。4.Prepareフェーズ|対応し報告するための準備Prepareフェーズは、「戦略とリソースの配分」「開示アクション」の2段階に分かれています。「戦略とリソースの配分」では、リスク・機会の分析結果を踏まえて、実施すべき戦略やリソース配分、目標、進捗度の定義・測定方法を決定しましょう。そして、「開示アクション」では、開示推奨事項を踏まえて「具体的に何を開示するのか」を決めた上で、報告書を作成・公表してください。SBTs for Natureとの違いSBTs (Science Based Targets) for Natureとは、生物多様性条約やSDGsなどに沿った行動を企業に促すためのフレームワークです。TNFDと似ているように感じるかもしれませんが、TNFDが「リスクおよび機会の特定」を主目的としているのに対し、SBTs for Natureは「目標設定」を主眼にしている点が異なります。食品業界における企業の取り組み事例以下、食品業界におけるTNFDフレームワークやLEAPアプローチの企業の取り組み事例を4つ紹介します。明治ホールディングス明治グループでは、TNFDフレームワークのLEAPアプローチに沿って、主要なカカオ生産地(13拠点)における自然関連リスク分析を実施し、森林減少や汚染などの回避・低減に向けて継続的に取り組む姿勢を示しています。詳細は、こちらからご確認ください。キリンホールディングスキリングループでは、キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャン、ライオン、協和キリン、協和発酵バイオ、小岩井乳業の事業に関して、TCFDフレームワークやTNFDフレームワークに基づいて統合的な環境経営情報開示を実施しています。具体的には、従来の「キリングループ生物資源利用行動計画」に基づく活動や、国・地域で異なる水問題の解決に向けた活動に、「場所固有」「依存性」「自然への影響」という自然資本に関連する視点を加え、統合的アプローチを高度化していく姿勢を示しています。詳細は、こちらからご確認ください。アサヒグループホールディングスアサヒグループでは、2022年からTNFDフレームワークによる分析を開始しました。生物多様性の保全・回復に向けて「アサヒグループ環境ビジョン2050」を掲げ、水使用量削減に役立つアプリの開発、電気トラックでの配送、他社との共同配送、ラベルレスボトルの販売、PETボトルのリサイクルといった施策を講じています。詳細は、こちらからご確認ください。コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスコカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングスは、環境ポリシーで「水を含めた自然資源を有効活用し、地球環境を持続可能な形で次の世代へ引き継いでいくことが重要な使命である」と定めています。2022年12月にTNFDフォーラム(TNFDでの議論をサポートする国際組織)に参画し、生物多様性保全への取り組みを強化しています。詳細は、こちらからご確認ください。まとめ近年、SDGs(持続可能な開発目標)やCSR(企業の社会的責任)、ESG経営(環境や社会、ガバナンスを考慮した経営)が重視されるようになり、TNFDフレームワークに沿った情報開示をする企業が国内でも増えてきています。今回は、TNFDフレームワークやLEAPアプローチとは何かを解説し、企業の取り組み事例を紹介しました。人類が長期的に経済的な発展を続けていくために、自然・生物多様性へのリスクを考慮し、対策を講じることはますます求められていくでしょう。

記事サムネイル
食品原料

原料紹介|大麦乳酸発酵液ギャバとは

本格麦焼酎のロングセラー商品「いいちこ」。その醸造工程で生じる焼酎粕を有効活用し、新たな食品原料として誕生したのが「大麦乳酸発酵液ギャバ」です。「ギャバ(GABA)」は、一般にストレス緩和や睡眠の質向上など、さまざまな健康効果をもたらすことで知られています。大麦乳酸発酵液ギャバは、上記の効果に加え、「肌弾力」や「活気・活力感」など、業界最多となる7つのカテゴリーで機能性表示が可能な注目の素材です。大麦乳酸発酵液ギャバによる健康効果を期待される方、機能性表示食品の開発に関心のある方、商品の販売力を強化したいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。大麦乳酸発酵液ギャバとは大麦乳酸発酵液ギャバは、「いいちこ」の焼酎粕を原料とした「発酵大麦エキス」を活用し、グルタミン酸と乳酸菌発酵させたもので、三和酒類株式会社が商品化しました。焼酎の製造工程で出る副産物(焼酎粕)を有効活用しようと始まった事業であり、持続可能性や環境に配慮したアップサイクル素材としても注目されています。製品の性状は白色~淡黄色の粉末です。ギャバ濃度は90%以上と高純度で、即効性のある体感素材です。豊富なエビデンスをもつ機能性表示食品素材として、今後さらなる需要拡大が期待されています。大麦乳酸発酵液ギャバの効果・効能ギャバとは、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)の略称です。ギャバは、植物や動物、人間の体内にも存在する成分の一つで、脳の興奮を鎮めたり、ストレスや緊張を和らげたりする働きがあると言われています。こうした効果から、ギャバを配合した商品の多くは「抗ストレス」「疲労感軽減」「血圧抑制」「睡眠の質向上」の効果がうたわれています。一方、大麦乳酸発酵液ギャバは、上記の4つに加えて「肌弾力」「活気・活力感」「筋肉維持」の業界最多となる7つのカテゴリーで機能性を表示することができます。このうち、「肌弾力」「活気・活力感」「筋肉維持」においては、三和酒類株式会社が特許を取得しており、大麦乳酸発酵液ギャバならではの効果を訴求することができます。機能性表示食品のカテゴリーと表示例大麦乳酸発酵液ギャバの効果、機能性表示食品の受理実績および表示例は以下の通りです。①血圧(有効摂取量:ギャバとして12.3~120㎎)【表示例】血圧が高めの方の血圧を低下させる②ストレス・③疲労感(有効摂取量:ギャバとして28~100㎎)【表示例】勉強や家事などによる一時的な精神的ストレスや疲労感を緩和※その他キーワード:仕事、事務作業、デスクワークなど上記2、3の表現+リラックス作用(有効摂取量:ギャバとして100㎎)④睡眠の質・目覚め(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】睡眠の質(眠りの深さ)の向上に役立つ※その他キーワード:中高年、健やかな睡眠、深い睡眠などスッキリとした目覚めをサポート⑤活気・活力感、気分を前向きに(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】一時的な活気・活力感の低下を軽減一時的に落ち込んだ気分を前向きにする※その他キーワード:積極的、いきいき、やる気など※特許権利化⑥肌弾力(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】肌の乾燥が気になる方の肌の弾力を維持し、肌の健康を守るのを助ける※作用機序の一部を特許権利化。大麦乳酸発酵液ギャバでしか書けない内容があります。⑦筋肉維持(有効摂取量:ギャバとして100㎎)【表示例】日常の身体活動により筋肉量を維持※作用機序の一部を特許権利化。大麦乳酸発酵液ギャバでしか書けない内容があります。※機能性表示食品に配合する場合は、訴求する機能性の内容によって推奨摂取量が違います。詳しくは三和酒類株式会社の機能性データの項目をご覧ください。多彩なヘルスクレームを活かし、機能性表示食品として健康効果を具体的に訴求可能。商品のブランディング力を強化するとともに、ターゲット層や食シーンを明確化したパッケージやHPができることも大きなメリットです。大麦乳酸発酵液ギャバの注意点アミノ酸であるギャバは、糖との結合によるメイラード反応により遊離ギャバが減少する可能性があります。一緒に使用される糖類に関しては注意が必要です。メイラード反応を起こしにくい糖類に関しては、三和酒類株式会社までお問い合わせください。大麦乳酸発酵液ギャバの活用例大麦乳酸発酵液ギャバは、水への溶解性に優れ、サプリメントだけでなく飲み物やゼリー、スープ、惣菜など一般食品への利用にも適しています。また、耐熱性・耐酸性においても安定性が高く、香味に影響を与えにくいため、さまざまな用途や場面で用いることができます。商品化されているのは、以下のようなものがあります。飲料(ペットボトル、ビン)、ゼリー、お茶(ティーバッグ)、レトルトご飯、味噌汁、ドレッシング、ごまあえの素、チョコクリームパン、焼きドーナツ、クッキー、チョコロールケーキ、チョコレートプリン、羊羹、豆菓子など食品への表記は、「大麦乳酸発酵液ギャバ」「ギャバ」「γ-アミノ酪酸」「GABA」「大麦乳酸発酵液」「大麦乳酸発酵エキス」などがあります。植物由来のため、プラントベースフードにも利用が可能です。機能性表示食品開発のための充実したサポート三和酒類株式会社では、大麦乳酸発酵液ギャバを活用した商品開発のための充実したサポート体制を整えています。一般食品を機能性表示食品へアップグレードさせたい方、機能性表示食品に興味はあるが一歩踏み出せなかった方、機能性表示食品の届出が初めてという方にもお勧めの原料です。詳しくは、三和酒類株式会社までお問い合わせください。

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】インドネシアハラール認証BPJPHとインドネシア飲食店進出セミナーのご案内

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当サイトで連載いただいた、一般社団法人ハラル・ジャパン協会より、「インドネシアハラルビジネスセミナー2023」のご案内です。関連記事:ハラルの基礎とイスラム教徒マーケット分析【食品ハラルビジネス進化論~ハラル認証原料編vol.1】ハラル・ジャパン協会では、GCT-JAPANと共催で以下のセミナーを開催いたします。インドネシアは人口約2億7千万人のうち、9割がイスラム教徒でありハラルビジネスの大きなマーケットとして世界から注目されています。2024年10月からは、インドネシアのハラル認証制度BPJPHが法令化されるなど、国内の最新動向、新しい情報の取得がハラルビジネス成功の鍵となります。開催概要テーマ:インドネシアハラール認証BPJPHと飲食店のインドネシア進出日時:2023年11月14日(火)15時〜17時参加料:無料方法:オンライン(Zoom)定員:200名申込締切:11月7日(火)17時対象:インドネシアへ輸出、進出をご検討の食品メーカー、健康食品メーカー(サプリ)、化粧品メーカー(コスメ)、生活用品メーカーまたは飲食チェーン店、飲食店オーナー等の方々詳細は、ハラル・ジャパン協会の公式サイトよりご確認くださいませ。https://jhba.jp/information/14114/当セミナーは、インドネシアのビジネスチャンスと未来、インドネシアハラル認証BPJPHの取得のポイント、ハラルビジネスの現状など、インドネシアを含めた世界展開に向けた内容となっています。インドネシアへの食品・化粧品の進出やハラルビジネスに少しでも興味のある方は、是非、お気軽にご参加ください。

記事サムネイル
食品ロス

スイカ果汁のポテンシャルを引き出す!パワーサラダ専門店HIGH FIVE SALADの挑戦

夏と言えば「スイカ」。2023年夏は、飲食店の各所でスイカ果汁を扱った商品が陳列するさまを目にした方も多いはず。しかし一方、市場に流通する前段階でさまざまな理由で品質には問題ないにもかかわらず、廃棄の一歩手前のものが存在していました。今回は、シェアシマが食品ロス削減プロジェクトの一環で掲載した商品「すいかストレート果汁」を使い、商品化していただいた企業様の事例をご紹介します。(聞き手:シェアシマ編集部)

記事サムネイル
セミナー・展示会

【受付終了】ブームから定番商品へ「腸活」をテーマにした商品開発に必要な素材とは?(11/8)

<こちらのセミナーの受付は終了しました>当社では、商品開発に役立つオンラインセミナーを毎月開催しております。2023年11月8日(水)に予定しています、第36回のテーマは、「ブームから定番商品へ『腸活』をテーマにした商品開発に必要な素材とは?」です。消費者の健康意識の高まりに後押しされて、「腸活」はブームから定番へとなりつつあります。当セミナーでは、免疫力の向上や健康維持に大きく貢献する、腸内環境の改善に役立つ食品素材と効果的な活用方法について、各社よりご紹介いただきます。独自の技術や機能性について、余すところなく聞けるこの機会を、ぜひお見逃しなく!※登壇企業の方々への質問コーナーもございます。開催概要テーマ:ブームから定番商品へ「腸活」をテーマにした商品開発に必要な素材とは?日時:2023年11月8日(水)13時30分~方法:ZOOM(ウェビナー)定員:200名(先着順)参加料:無料申込締切:2023年11月8日(水) 13時プログラム1.シェアシマ事務局より (13時30分〜)セミナーの注意事項など2.製品・サービス紹介(各社20分)①「米麹と腸活 アスペルパウダーの活用方法について」 株式会社コーセーフーズ米麹粉末製品である「アスペルパウダーⓇ」は、殺菌済みながら酵素を残存させた製品です。大学との共同研究によりマウスレベルでの実験を実施し、米麹の酵素が大腸炎の緩和に寄与するという効果・エビデンスが得られています。様々な健康食品や加工食品原料に活用出来る天然の機能性を有した原料についてご紹介します。 ②「伝統野菜由来の腸活素材 夕顔果実粉末の特長と食品への応用」 イワキ株式会社日本の伝統的食材である干瓢の原料である夕顔の果実を粉末化した「夕顔美人粉末」は、食物繊維・ミネラルなどの栄養成分を豊富に含んでいます。腸内環境の改善や便通改善、乳酸菌との併用による免疫機能への効果などの健康機能についてご紹介します。また、膨潤性や保湿性による食感改良など、食品への応用例もご案内します。3.その他次回のご案内など<15時終了予定>※時間は目安ですので多少前後します。都合により、内容が変更になる場合がございます。

記事サムネイル
食品原料

明治の技術が可能にした業界初の生チョコ原料:「瑞練」のご紹介【meiji】

通常の商品とは、比較にならないほど、スゴイ!「常温保存で賞味期限が1年」という生チョコ原料を、株式会社 明治が取り扱っています。賞味期限が長くなることでこれまでは実現できなかった方法で加工することができ、デリケートで扱いづらかった生チョコの活用の幅が大きく広がります。同社イチオシの原料商品「瑞練(みずねり)」の特徴を、業務用商品担当の粉川さんに聞きました。(シェアシマinfo編集部)賞味期限12か月:瑞練のここがすごい①それが商品名に入っているだけで、お客様に魅力に感じてもらえるという、魔法のような響きを持ったパワーワードの「生チョコ」。ただし、生クリームが多く使われていて、水分を多く含むため、賞味期限が短いことがネックでした。生チョコはチョコレート業界の規約により、「チョコレート生地が全重量の60%以上、かつ、クリームが全重量の10%以上、かつ、水分(クリームに含有されるものを含む)が全重量の10%以上」であることが定められています。(※)「お土産等で販売されている一般的な生チョコは長く保っても、賞味期限は2〜3週間程度・・・・・」という生チョコ。では、どうしてmeijiの瑞練は、12カ月という圧倒的に長い賞味期限を実現できたのでしょうか。その理由を粉川さんは、「特許申請中の明治独自の製法で、水分活性が低い生チョコ原料を開発することに成功したから」と、説明します。水分活性とは、「食品中で微生物が生育するために利用できる水分割合」を示すもので、食品の賞味期限に深く関わる数値です。食品に含まれる水分量にかかわらず、この水分活性が1に近いほど細菌が繁殖しやすく、食品が腐りやすくなります。水分活性を0.5以下に抑えることができれば、あらゆる微生物の繁殖を防ぐことができると言われています。瑞練はこの水分活性値が0.65と極めて低く、生チョコのしっとりとした口当たりを保ちながら「ロングライフで常温保存可能」という独自の強みを併せ持っています。※:生チョコレートは材料2つでできる⁉賞味期限や保管方法、レシピも (https://www.meiji.co.jp/hello-chocolate/basic/11.html)保存料・アルコール不使用:瑞練のここがすごい②「チョコレートは明治」のmeijiが開発した生チョコは、もちろん味や香りでも、他社に引けを取らない“自信作”です。実際に口にすると、濃厚なカカオの香りが印象的でした。常温保存ができる生チョコは、他社でも一部で発売されています。しかしその場合、日持ちを良くするためアルコール度数の高い洋酒が使われていたりします。瑞練は保存料も、アルコールも不使用。詳しくは後述しますが、冷凍や冷蔵という管理面の制約にも縛られないために、加工用途の幅が大きく広がります。しかし、瑞練はそれに留まらず、原料品質にも徹底的にこだわった生チョコ原料でもあるそう。「国内で流通しているチョコレートはガーナ産のカカオ豆が主流ですが、瑞練はベネズエラ産カカオ豆を使用しています。将来にわたって持続的にカカオ豆を生産していくための活動として、大手では使用例の少ないミルクと相性のよいベネズエラ産をあえて採用しています」(粉川さん)加工の幅の広さ:瑞練のここがすごい③生チョコといえば、四角いブロック状の形が典型的ですが、ナッツやピューレとの混合や、包餡(ほうあん)や練り込み、サンドといった困難とされていた多用途での活用が可能となります。「実は長く保つということ以上に、この多様な加工適性が、瑞練のポテンシャルの高さを示しています」と粉川さん。生チョコらしい味わいをそのままに、これまでの常識を覆してしまうユニークな生チョコ原料に、ますます期待が高まります。商品概要名称:チョコレート原材料名:生クリーム、 果糖、カカオマス、砂糖、全粉乳、ココアバター、ココアパウダー、植物油脂、脱脂粉乳/乳化剤、酸化防止剤(V.E、ローズマリー抽出物、チャ抽出物)、香料、(一部に乳成分・大豆を含む)内容量:5kg×2袋バルク/ケース (20mm×17mm×15mmキューブ状)賞味期限:12ヵ月(保管条件: 23℃以下)

記事サムネイル
製品・サービス

「ツクルデ」に新機能!温度記録を自動化、簡単・確実に

「ツクルデ」に新機能!温度記録を自動化、簡単・確実に衛生記録、製造日報をアプリで記録することができる「ツクルデ」をご存知でしょうか。食品製造現場のペーパーレス化に加え、卸向けの受注管理から在庫管理までの一元化を実現、人手不足や業務過多を解消できるサービスです。温度計と連携して効率的かつ確実に温度記録ができる新機能についてご紹介します。ツクルデとは、どんなサービス?食品を扱う上で、以下のようなお悩みを抱える企業は少なくないのではないでしょうか。「紙の回収、押印、ファイリング作業に時間がかかる」「紙書類が多すぎて必要な情報が探せない」「現場に行かないと状況が把握できない」ツクルデではご自身の現場に合った使いやすいオリジナル記録帳票を簡単に作れます。記録時の逸脱検知により、逸脱時に必要な指示出しも予め設定し問題発生時の対応もスピーディーに実現。デジタル化することで紙を一切使わずに効率よく管理でき、業務削減が可能になります。ツクルデに「温度管理」の機能が追加されました毎日の業務の中で、衛生管理や品質管理など、さまざまな「記録」の場面があります。中でも重要なのが「温度の記録」。「一日に何度も同じ作業を繰り返さなければならない」「正確な温度管理を実現したい」というお客様のお悩みを解決するために今回実装したのが、ツクルデの「温度管理」の機能です。これにより、何度もチェックが必要な温度データを効率よく記録し、デジタルで確実に保存することができるようになりました。導入は簡単!アプリと温度計を連携するだけ対象デバイスをBluetoothで接続し、アプリと温度計を連携させます。アプリはAndroidでもiOSでも利用可能で、スマートフォンでもタブレットでも使えます。普段、スマートフォンを利用している方なら、すぐに覚えることができるはずです。こうしたメリットが実感いただけますメリット1、冷蔵・冷凍庫内における温度記録の作業効率の向上冷蔵庫、冷凍庫の中にデバイス(Bluetooth接続が可能な温度計)を置くだけで、自動で温度測定し継続的にデータを蓄積していくことが可能です。複数の冷蔵庫・冷凍庫に配置されたデバイスが蓄積した温度を一括でツクルデに取り込み(※)、グラフ化することで、異常があった場合にいつから温度が上がっていたのか?を把握することができます。※:Bluetoothの通信が届く範囲内<具体的なメリット>一日数回行っているチェックを自動でデータ化基準値を設定し範囲内であるかチェックが可能冷蔵庫の開けっ放しなど検知メリット2、複数点の温度測定を非接触でアプリに直接記録複数点の温度を取ることも可能です。記録の回数が増える大量調理の場合、その分導入のメリットを強く感じていただくことができます。中心温度計の他、表面温度計のデバイスとの連携が可能です。<具体的なメリット>データの取り込みは、アプリを立ち上げてボタンを押すだけ鍋で煮込んでいるところに差し込んで、手前・奥・右・左・中央の5点測定が可能使用する食材を冷蔵庫から取り出す時の温度確認もOKメリット3、中心温度のモニタリングによる調理品質の向上中心温度を1秒単位でリアルタイムに測定し、グラフで表示することができます。視覚的に認識できるので、誰でも同じクオリティーで調理することが可能になります。食材に差し込む先端部分は、アダプターにすることで長さや耐熱性などをカスタマイズすることができます。(長さは2〜3メートルまで、耐熱性は200度程度まで対応可)<具体的なメリット>基準温度を超えたところのみカウント(※特許申請中の仕組みです)加熱後の冷却もモニタリングして安全温度帯まで最速確実に基準温度に達した状態で設定時間が経過すると音で知らせてくれるデータで根拠を示せるから中心部分の温度がはっきりわからない問題も解決熱量の積算値のモニタリングする方法も開発中ツクルデには他にも便利機能がいっぱいこのほかにも、「ツクルデ」を導入することで、デジタルならではの業務効率化の恩恵を数多く実感いただけるはずです。<具体的なメリット>記録データはクラウドに保存。CSVに出力すれば集計も簡単多言語にも対応しており、言語を切り替えて記録も可能アプリだけではなく、Webページからも閲覧可会社ごとのカスタマイズが可能記録表に画像などを載せて、記録表をマニュアル化レポート作成機能も(※開発中)導入するにあたって紙の記録の電子データ化が「面倒では?」と心配されるお客様もいらっしゃいますが、同社が導入から丁寧にご支援します。まずはお気軽にご相談ください。月額3万円からという低コストで、業務の効率化という大きなメリットを実感していただけるはずです。最後に原料入荷から、製造記録、在庫管理、出荷まで、ツクルデは一貫してトレーサビリティを追うことのできる仕組みを目指しています。今回ご紹介したのは、その一部にすぎません。食品製造を取り巻くルールが厳格化する中、「人手不足を一体どう乗り切ればいいのだろう」とお悩みの企業も多いはずです。できるところから、デジタル化、自動化してみませんか。まずは、温度記録から始めることで、その効果を実感してみてください。▽さらに詳しい情報は、公式サイトでご確認くださいませ。https://ads.tsukurude.jp/